2022年02月11日

2月12日 土曜日

 早朝のぷんですにゃ 芦屋の平田町に住んでた頃おばはんと晦日蕎麦を買いに行ったとて零時回ってたとて店の前で若い夫婦が売っていたとて義母と食いに行ったことがあるというおばはんが買うと言わなかったとて結局どうしたのか思い出せないとて 丸万 苦楽園口
 640x640_rect_120806503.jpg
 起きたとて 起きてオンラインのカルテ書いておったとておばはん昨夜からなんか苛苛するみたいとてめしも食わずに寝たとてほんまあかんやつやなあとて 月村 京都 岩手やったかとて京都まで態態これを食いに来る夫婦がおるとてたしかにこれ食って晦庵のそば食うのもええとて遠いねん京都は名神走りにくくなったとて
 3147084ecb38f623c060f122a195d683981a7124-thumb-860xauto-3058.jpg
 おばはん寝ておるとて楽させてあげようと新大阪にとん蝶 柿の葉すし 芦屋大丸にまい泉の弁当 とんかつ一番の弁当とか思いは千々に乱れておるところとてその気配を察してかシアが膝(周辺をちんこと表現しておるとて決して大きくないのよとて)に来て寝始めたとてやりよるのうわが家の女房どもめら 中共やないとて管理社会やんけとて
 黄耆あるある マメ科 わが国では北海道 青森 岩手 茨城が産地 百本 王孫 戴椹ともいう 砂漠化対策にも重要な植物 成分はフラボノイド トリテルペノイドサポニン(血圧降下 抗炎症 利尿 止汗作用など) GABA(血圧降下など) 細菌感染より守る 排膿 水腫 下痢 貧血 目眩 腎保護 食欲 内蔵機能を高めるなど 人参と並ぶ補気薬 補中益気湯 帰脾湯 十全大補湯 人参養栄湯 黄耆建中湯 防已黄耆湯などに配合 薬膳としては高麗人参と合わせると滋養強壮疲労回復 牛肉と生姜と合わせると補気 陳皮と煮出すと免疫力上昇とて 同級生の嫁がバカにしやがったとて漢方は奥が深いのよとて 
 おばはんが起きたとて「かーたん いきなり!ステーキ・・・・」「出前取るのはええけど買いに行ったらしばくど」 1ポンドにしようと思ったどに(ノД`)
 来る3月9日はシアのお誕生日とてT boneか味楽園を考えておるとてうちなは上ハラミが大好物とて
 場当たり主義の国からおまえの薬ジェネリックにしといたらこんだけ医療費が浮いたのにというハカキが来るとてほっとけアホ 得をするのはおまえらだけでその弊害わかっとるかっちゅーねんとて 見下げ果てた三等国やなあとて明治はよかったという司馬遼太郎先生も間違いとて政治家が命懸けてただけマシやとて 
 2時間間違えて睡眠薬飲んでしまったとて間なくして寝るとて知性派AとDはそんなに親しくない人と話をするとき緊張するのかギゴチがなくなるとて無愛想上から目線と思われてしまうのかもしれんとて教授くんも電話では「あー」「うん」としか言わなかったとて人怖じするんやねとて情緒派は面倒がり行動派は木鶏に似たりとて 
posted by めいちま at 23:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]