2022年01月01日

1月1日 土曜日

 謹賀新年 コメントはご放念被下度
 6569img095.jpg
 どうしても漢方で発熱患者が速やかに解熱するということを信じない医者仲間がおるとてその先生が発熱したときにはぜひわしに声を掛けてもらいたいとてオンライン診療とか関係なく漢方を教えるとて体感してもらいたいとて
 隆之ちゃん(向かって右)と三郎くん 隆之ちゃん 高血圧糖尿血液検査での異常とかなんかあったはずとてわしに相談して欲しかったとて西洋薬漢方食事で支えることが出来たのにとて 昭和32年頃の大阪市大正区三軒家東
 三郎くんちは子供が6人おったとてよくライスカレーをご馳走になったとて
 img113.jpg
 京大の教授になった人でわしの知り合いあるある 文系ではわが国フランス文学の草分けの太宰施門情緒派Uは親戚とてその弟子の桑原武夫情緒派Wの弟子が多田道太郎先生知性派Bとてフランス時代はオムレツばかり食うとてオムレツの道太郎と呼ばれておったとて今西錦司先生情緒派Zとも何回かお目に掛かっておるとて道太郎先生にうっかり「ぶつ文学」と言ってしまい「仏教文学とちゃいまっせ」と言われたとて先生もノイローゼとて猫持さんこの病気はアホはならへんさかいあんたも安心したらええわと言っておられたとて
 s-R0018129_edited-11.jpg
 格付けのテレビ ワインはきのう買って来たのと同じシャトーとてエドガーの「The Pomp and Circumstance Marches」もすぐにわかったとて毎回思うこととて弾いてる奴が下手くそ過ぎるとてストラディヴァリウスが泣いておるとてウィーンフィルから呼んで来いとて
 餅を喉に詰まらせたとてハイムリッヒ法と叩打法に太い注射針を気管に刺すとてなければ包丁で気管切開しかないとて細かく切って食えばええとて冬山の遭難も何遍おんなじことやったら気が済むとて過ちて改めざる是を過ちと謂うとて
 格付けのテレビ 「O Happy Day」はオリジナルも聴いたとてゴスペルのCDは一杯持っていたとてこれまたどっちも下手くその一語に尽きるとて
 「とて」あるある言いたい ♪年のはじめの例(ためし)とて終りなき世のめでたさを松竹たてゝ門ごとにいはふ今日こそたのしけれ おばあちゃんがよく歌っていたとてわしんちも隆之ちゃんちも一人っ子 みんな死に果てたなあとて しみじみとて とては引用句などにつく格助詞とて
posted by めいちま at 00:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]