2021年12月02日

12月2日 木曜日

 そうそう 京都には祇園甲部 祇園東 上七軒 先斗町 宮川町のほかにもうひとつあるとて舞妓はんに芸妓はんはおらんとて太夫はんがおるとて 輪違屋 島原 元々は養花楼
 起きたとて 寝ながら考えていたとて量子論ではもうひとつの地球にもわしがおるとて 誰かが見ているときにわしはいて見ていないときはいないとて 同窓会の名簿見ても大半は思い出せないとて彼らは波やったとて 見るというのは目だけではないとて意識とて 松鳥さんが来年になったらわしの考え方が変わると言ったのはこのことかもとて 素粒子(その塊が魂)が見えるよーになるとて? 魂と繋がることが出来るよーになるとて霊視出来るとてそれならオンライン診療に患者さんが来るよーになるのもわかるとて チビたちゅはやっておると思うとて 長くなるとて省略しすぎたとて
 わしが看護師さんたちを連れて行った温泉は温泉以外はなーんもないという地味な旅館ばっかしやったとてオヤジみたく豪勢な旅館やのうてケチやと思われていたかもしれんとてわしとて那智勝浦温泉のホテル浦島みたく島全体がひとつの巨大な旅館てなほうが楽しくて好きやとて何しに温泉に来とんねんてな下品な団体客と会いたくなかっただけとてそいつらの目から看護師さんたちを守らなければならないとて
 京都では飲み屋にすら一見さんお断りがあるとてここならだいじょうぶとて能狂言歌舞伎役者がよく来るとて舞妓はんや芸妓はんたちがいつものん作ってとめし食ってるのを見られるかもしれんとて 京酒房来洛座
 京都の一見さんお断りは花街の仕来りとて常連さんが来たときに困らないためとてお茶屋が仕切っておるとて財布持ってゆく必要はないとてみんな立て替えてくれるとて紹介してくれた人の信用で成立しておるとて紹介してもらって初めてゆく店で調子に乗っては嫌われるとてわしんちは京都の老舗が窓口やったとてもうないとてとゆーか弟子の旦那がバーに自分のお気に入りの芸妓さん呼んでくれたのと金沢の東の郭の一葉という茶屋?にオヤジに来いと言われたときだけとて五木寛之お気に入りの清子ちゃんがいたとて
 シア「おかちま 最近おとちまとうちながおかしいのれっし うちしゃま悲しいのれっし」おばはん「よっしゃよっしゃ おとちま怒っといたるさかい」わし「(ll゚Д゚)」
 わしらの世代は将棋と言えば大山名人知性派Eとて辛いものが大好きで知性派Aの林葉直子と気が合って仲良しやったとてEは酒飲みの印象がないとてAは大酒飲みとて肝硬変になって余命宣告されたとて復活しておるとて大山名人で好きな言葉は「助からないと思っても助かっている」とて将棋が強いのはAとEに情緒派W 行動派ならQとて
 わし「おとちまは輪投げして遊ぶからおまえらは勝手に遊びなさい」おばはん「なんでやねん ちゃんと遊んであげへんのんやったらおもちゃ買わせへんよ」わし「・・・・」
 KIMG0532.JPG
 抽斗の奥からナイナイしていたことを忘れていたエロ本を見つけて引っ張り出そうとしていたらおばはんが来ましたのにゃ おばはん「アンタ なにしてんのん」わし「ちゃうねん」おばはん「なにがちゃうねん」わし「・・・・」
 漢方でコロナが治ると言っていた頭のおかしい医者もオミクロン株の出現にはさすがに恐れ戦いておるんやろてなこと考えているのなら大きな間違いとて呆れて物が言えんだけのこととて同級生はここで繋がっている先生以外はどーでもええとて後輩の先生方がみんなええ子でその関係を壊したくないとて黙るとて
 象印の炎舞炊の景品が届いたとて auから動画などのデータお預かりの限度とて新しく契約しろというメールが来たとて よく謀った詐欺メールとて 無欲を引っ掛けることの出来る詐欺はないとて
 KIMG0533.JPG
 KIMG0534.JPG
posted by めいちま at 12:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]