2021年10月29日

10月29日 金曜日

 フジモン行動派T ユッキーナ知性派A 情緒派は世間に対して文句を言うとて 知性派は家族(犬でも猫でも身近なもの)に文句を言うとて フジモンかわいそうあるあるとて
 今なら考えただけでも恐ろしい一夫多妻制を若い頃は羨ましいと思っていたとて 西ドイツでアラブ人に聞いたら3人妻がいたら同等の家を買い与え旦那が毎日市場に行き同じ食材を買い2人の妻に渡し3人目の家で1泊これの繰り返しとてそんな金ない王族だけの話と言われたとて
 ポルポルくんで仕事の帰り大正駅の信号を先頭で待っていたとて青になったので進んだら右から無灯火のチャリが激突人が飛んだとて 反対車線にいたパトカーが見ていたとて 降りたらにーちゃんが起き上がり受け身したから大丈夫ですお車に傷はありませんかとて パトカーを確認してたらにーちゃん影も形もなかったとて 
 最上もがって誰か知らないとてUber Eatsに対する文句ならフェイスブックに公式アカウントあるのでそこに書けばちゃんと対応してくれるとて SNSは読むことを強制されている訳ではないとて気に入らない投稿はスルーがルールとて 
 猫たちゅのクリスマスケーキやおせちがあるとて注文しようとしたらバチキ入れられたとて ケーキは阪急のペット用品店でも見たとてまた行くとて うちなのお尻を匂おうとしたら拳骨が飛んで来たとて(ノД`)
 ボチボチあちこちで殺人事件が起こるだろうというわしの予測通りになったとて
 むかしトヨタのコルサターボ?というFF車で機嫌よく走っていたとてオヤジの928を追いかけようとしたら加速され話にならなかったとて オヤジのジャガーでもカレラにぶっちぎられ西ドイツでも経験多数 5年ローンでポルポルくんを買う決心をしたとて 空冷ならブラジルでまだ生産されている?ワーゲンのカブトムシでええとて 乗るとやめられないとて
 オーストラリア ブラジル トルコ各大使館 わが国の各省庁や政治家事務所に電話したら驚く人がおるとてそのためにあるとて遠慮は無用とて 大使館で気に入らないあるある言いたいのはブラジル大使館はブラジル人のねーちゃんと話して大笑い出来たとて他は日本人の関東弁のおばちゃんとてユーモアないとて 亡命の電話出来ないよーにしておるとて? おばはん言ったら「おまえがおかしいんや」と言われたとて(ノД`)
 英語には外国人という適当な言葉がないとて エイリアン フォーリナーとかいろいろあるけどいずれも失礼 アメリカ人など国名で言うしかないとて
 Dellがあかんと言う人おるとてプレミアムサポートを最初に申し込んでおけば同じ相手から電話してくれてリモートで解決 日本にはこんなサービスはないとて
 「お客様
(個人情報保護のため、お客様名の記載を控えさせていただいております)
お忙しい中、メールご返信頂きありがとうございます。 
デル宮崎プレミアムサポートの○○でございます。
 文字入力の件について、問題解決されたということで安心いたしました。
○○様へご連絡いただくこととなり、お手数おかけいたしました。
入力補助の問題だったのですね。改善の手順についても教えていただきありがとうございます。
何かお困りの点、ご不明な点などがございましたら、
お手数ではございますが、状況やお問い合わせ内容などを記載の上、本メールへご返信いただきますようお願い申し上げます。
 今後とも弊社製品ならびにプレミアム電話サポートのご愛顧を何卒よろしくお願いいたします。
デル プレミアムサポート担当:○○」1年365日24時間無料とて
 ワーゲンのカブトムシ 空冷車は癖になるとて書いたとてこの車の意外な特徴はなーんだとて? ヒント ブラジルで喜ばれる理由?かもとて
 欧米諸国の植民地支配のやり方 たとえば日本なら焼け野原になった駅前などの一等地を第三国人にロハで与え異分子を残し争わせ纏まらせないとて アメリカの蒔いた種が育ちすぎてアメリカも頭痛い状態になっておるとて ゆえに真の敵は明治時代を思い出すとて 海を越えて攻めて来たのは騎馬民族の国とて
 昨夜までチビたちゅのごはんは獣医さんちにしかない仔猫用のものやったとて阪急で買って来たものをあげたら食うわ食うわとて あまり水を飲まない猫には汁気の多い缶詰は吉とて そう考えると人間も水を飲まない人酒を飲み過ぎる人は腎不全になるかもとて いちんち2リットルは飲むとて
 今井の鍋焼きうどんとて 同じものなので2人前鍋に入れればいいとておばはんはわしのを作ったあとに自分のを作るとて体調よくないとて溜息吐きながらとて理解出来ないとてとゆーか沸点がわからない知性派は恐い おかんでもうじゅうぶんとて キレたら手が出る行動派のオヤジとは違って長く続く恐怖とて 舌打ちしながら作ってるときもあるとて
posted by めいちま at 13:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]