2021年09月28日

9月28日 火曜日

 腹が減ってうまいものを食っている夢で目が覚めたなう どうやらネズミ(偽垢?)が一匹参らせ候 管理者に調べてもらいますのにゃ 冷蔵庫の美々卯と今井のきつねうどん作ろうとしたら例によって消費期限切れ なぜ消費期限切れになるまで放置するのか もう嫌になって来た
 ある患者「○○さんがこうしたらええと言ってましたよ」教授くん「ほな○○さんに治してもらえ」 失礼とは思わないのか
 事の顛末 糖尿のある高校教師 以前から食事のことなど請われるままに教えて来たとて 彼の投稿にターメリック(ウコン)には健康によいという証拠があると書いて来たら彼のFBFがターメリックは肝機能障害を起こすと書いた医者のホムペを提示 そしたら彼がわしの所見を聞きたいとメッセ わしは前から小匙4分の1のターメリックと書いて来た おかしいと思うのなら医者でもないそいつに聞けと言いましたのにゃ わしがおかしいか? 文献もある話 混乱を招かないため向後は医学の専門知識は医者に金払って教えてもらうべし
 おばはんはおばはんとて 今までしたこともない昼めしの美々卯のそばを作り 朝から大きな声出さんといてとて ほな冷蔵庫のものを腐らせるなと言えば確実にキレるとて しんどいのはわかるが腐らせるのはまた別 うどんぐらいわしにも作ることが出来るとて
 学費は親が払ってくれたとてわれわれ医者は文化系の学部の学生共が女連れてチャラチャラしてるときも試験の連続 医学の知識を得るためにどれだけの忍耐と努力が必要やったと思とんねん しかも医学は日進月歩 学会に行くぶん遊ぶ時間もなかったとて 
 ノーベル賞候補にもなったハーバード大のおっさんがメトグルコは健康にいいからみんな飲めと言いましたがそやからとゆーて1日に100錠飲むアホはおらんとてという簡単な話をしていますのにゃ
 プラトンは「パイドン」にてわれわれは生まれる瞬間に前世の記憶を失うと書きましたにゃ ほなわしは永遠に情緒派Zとて それは勘弁してくれとて もっと男らしく人情のある行動派Pにして欲しいとて 田中角栄 百鬼園先生はP 人の研究の創始者はなぜかPとZは惹かれ合うと言ってましたにゃ それは言える わしと同じZの芥川龍之介と百鬼園先生は同じ漱石門下で親友でしたにゃ
 解剖学覚えるだけで司法試験に合格出来るっちゅーねん
 出前館のナポリの窯の配達員がおばはんでピザ1枚渡すのにまんずピザ 次いでポテト 最後に領収書 一遍に渡せアホと言ってしまいましたのにゃ ここんとこわしにとって酒は気違い水ですにゃ 
 わしも精神を病んだことがあるとて更年期のおばはんの辛さもわかるとて それやったらそれでええからとゆーか結婚したての頃から調理道具が気に入らんからめし作られへんてなこと言ってずーっと出前 自分がせなあかんという考えは捨てよ そやからおまえら知性派は鬱になるんや わしも柿の葉寿司頼みましたのにゃ 好きなもん食うとて
 めしなら自分で雑穀米炊いてそれと梅干しなどがあればわしはそれでええとて
 白衣を脱いでおくつろぎ中のうちな先生 なーんもしてへんねんけどね
 KIMG0477.JPG
 築地秋山商店から最高級の鰹節が届いたとて 混合節はオマケ チビたちゅのぷんやてー めいちまの頃からの御用達
 築地秋山商店で思い出したとて 東郷平八郎の参謀となりバルチック艦隊を殲滅した秋山真之(のちの中将 49歳で盲腸の手術が原因で死去)は出口和仁三郎の信者 軍人の信仰篤かりしがゆえに軍部が畏れ弾圧 山形が産んだ長南年恵←神戸地方裁判所も認めた霊能力者 南方熊楠にもありましたにゃ ふたりとも水木しげるさんの漫画読むべし 秋の夜長にいいかもとて
 鰹節で思い出しましたのにゃ 焼津?のニンベン?は宮内省御用達 沖縄のなんとかいう島も有名なれど忘れましたのにゃ 忘れるから人は生きてゆくことも死ぬことも出来るのですにゃ
 外国には適齢期ということなどを考えて4年制の医学部もありますにゃ 習うのは解剖 病理 薬理 医動物 法医 神経内科 血液内科 循環器内科 呼吸器内科 免疫内科 腎臓内科 それぞれの外科 泌尿器科 眼科 耳鼻科 皮膚科 小児科 産婦人科 放射線科などなど ポリクリ むかしは刑務所 屠殺場の見学もありましたにゃ
 テレビでやってる憧れの名字 伊集院 これは島津が半島から連れて来た帰化人ですにゃ 島津の偉い家臣にもいましたにゃ 漢字博士としては名前でわかってしまうこともいっぱいあるとて
 ああそうか 今朝なんで腹が立っていたか リフレックスの副作用やがな 不眠で苦しむおばはんに飲ませて殺されかけたことがあるのに忘れてましたのにゃ 待ておまえが腹立ってるのは薬の副作用やと説得して漸く沈静化 駄菓子菓子 日教組は嫌いなのでどーでもええとて いろんな薬の副作用も自ら飲んで知ったとて これ飲んでたら自爆テロも出来るとて
posted by めいちま at 08:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]