2019年08月30日

8月30日 金曜日

 起きたなう 生理現象小は押さえ込むコツを覚え 大は起きてから来るよーになりましたにゃ もうすぐ神戸大で面倒臭いですにゃ 同じく間もなくオヤジの誕生日ですが松茸間に合いますかにゃ 煙草屋のおばちゃんも亡くなったので松茸山を持っている親戚の山がどこにあったのやらさっぱりわかりませんのにゃ 
 ドイツに行く予定のある人はめしはこれがメインということを覚えておくといいですにゃ まあどこへ行ってもこればっかり ドイツのとんかつにフライドポテトですにゃ フライドポテトだけ1袋70円とかで売ってる店があちこちにあったので金のないときはそれを食ってましたにゃ カルトッフェルンと言えば出て来ますにゃ
 69269989_943648205992305_3905382469121081344_n.jpg
 わしは医者もやめたのでとゆーか元々中元や歳暮はもらいっぱなしでそれなら誰かさんと同じでいかんなあとゆーことに最近気が付き気分によって人数は変わりますが最大でも5名ぐらいですがなんとかするよーにしてますのにゃ 基本世話になったときだけですにゃ 約一名子供達がアレルギーだらけで困りますが歳暮は決めましたのにゃ 考えるのは楽しくもありそんなに抽斗があるわけではないので難儀でもありますのにゃ 阿川弘之先生に中元歳暮してたら怒られましたので文士には送らないほうが無難ですにゃ お返しが負担になりますのにゃ
 さっき気が付いたんですが伯耆国の豆腐屋 人の名前書き間違えるかねえ 謝っておきましたのにゃ こんなチョンボする店はいくら三井家の紹介とは言え次からは使えませんにゃ
 因幡の白兎に出て来る鰐とは鮫のことで因幡は元より全国で食われているそうですにゃ 味に関しては渡辺しゃんのコメント待ちですにゃ
 DSCN8261.jpg
 Moby Dick サイパン 万歳クリフもありおまえは国に殉じた人々より食い気のほうが上かと言われれば返す言葉もありませんがこんなの見せられたらねえ どこか近くにありませんかにゃ 神戸か大阪にならありそうなんですがにゃ
 01.jpg
 5.jpg
 hard-rock-cafe-saipan.jpg
 lrg_12591745.jpg
 わしに言わせれば安もんの合いの子の某おばはんが結婚式で披露宴をしないてなことは一切報道しなくていいですにゃ そんなの個人の自由 誰かさんちは結婚式に披露宴に記念写真とかやかましく言いましたがおばはんなんか新婚旅行すらいらないと言いましたのにゃ 家族家族というのは本当に鬱陶しいですにゃ ラ・フォンテーヌでしたかにゃ 慣習だからといってそれを行う人は何も選択していないうんぬん ゆえにオヤジはどーたらこーたら言ってますが死ねば取りあえずこの世は終わりなのでわしは葬式なんかする気はありませんのにゃ して欲しければもっと息子にちゃんとしてそれなりの金は予め渡しておくべきでしたにゃ 
 崔洋一監督の名作「血と骨」を見ていただければわかりますが大阪は在日韓国朝鮮人の町ですのにゃ それでもって毎日新聞の担当者に寒川という苗字も半島のものだと言われましたが正直むかしのことは知りようもなく戸籍を取り寄せて7代目むかしまで遡りましたがわしんちは日本国籍でしたのにゃ 大阪の生野区なんか在日の人が多いですにゃ 当時は有名だったのでしょうが生野区の市電の終点の百済という駅で降りて愛和勝山幼稚園というところにおばあちゃんに連れられて通っていた頃はいつも結んで開いてが終わる頃に到着してましたのにゃ 担任の女の先生にめちゃんこ可愛がってもらい弁当をストーブで温めてくれたり飛び出す絵本を買ってくれたりしましたにゃ 園長先生が自家用車で送ってくれたことも何度かありましたにゃ 面識はありませんが桑名正博が同級生で彼んちは大金持ちで芸能界にデビューする必要なんかまったくなかったと思いますにゃ われわれ文士ならハカキの1枚も書きますが芸能人に何か送ったりするのはまったくの無駄だと断言しますのにゃ
 大の寒がりなのでわしがアメリカに行くとしたらハワイかマイアミしかありませんのにゃ おかんがハワイは世界最高の気候だと言ってましたにゃ 駄菓子菓子 タクシーに乗ると運転手がマリファナを薦めて来るとも言ってましたが西海岸の多くでは今や合法なので大歓迎ですにゃ わしならルームサービスの朝めしでsunny side upを頼みますのにゃ 同名の名CDもアップしておきますのにゃ トーストは英語かどうか自信がないのでメニューを見てから決めますのにゃ ちなみにトーストが分厚いのは神戸発祥じゃなかったですかにゃ
 20170728-sunny-side-up-eggs-vicky-wasik-1500x1125.jpg
 31C3EFT8Y5L.jpg
posted by めいちま at 14:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: