2019年08月04日

8月4日 日曜日

 起きたなう 夏真っ盛りだというのに秋風が吹いたよーな心地がして目が覚めたわず 思えばお聖さんはうちのおかんと同い年で女学校は別だけど習った国語の教師は同じで司馬遼太郎先生と親友であったわしの短歌の会の創始者のご子息の安田章生先生でしたにゃ その話もしてあげればよかったですにゃ かもかのおっちゃんじゃないけれど天才は遅れてやって来る じゃなかった わしはかなり遅れて世に出たので知り合ったときはお聖さんは晩年と言ってよく雑誌の対談やら色々可愛がってもらいかもかのおっちゃんの葬儀 お聖さんの伊丹市の名誉市民のパーティ きのうのお別れの会と皆勤でしたがそれもきのうでオシマイかと思うと淋しいですにゃ お聖さんはわしに小説を書かせたかったんでしょうがわしは親とずーっと泥仕合をやっていたのでそんな心の余裕はありませんでしたなあ
 これ別に会費も払いご馳走も沢山あったけどウーロン茶一口のみ 知り合いいなかったしわしはめし食いに行ったんじゃないんで10分ほどで帰りましたのにゃ みんなうまそうに食ってましたにゃ デビュー当時ならともかく今更誰かと知り合いになっても意味はありませんのにゃ
 DSC_0172.JPG
 N国党に関してはおばはんと口論になりますがわしは断固として退きませんのにゃ 党是がNHKをぶっ潰すだけでもとりあえずはいいんじゃないでしょうかにゃ 出来ないことをいくら並べても仕方ありませんのにゃ 党是がひとつしかないのならそれをやるしかないのでむしろ安心して見ていられますのにゃ
 ああそうか お聖さんの会が東京でもあれば渡辺しゃんに銀座の鮨屋に案内してもらう絶好の機会ですのにゃ 塩抜きサプリ持って行けばいいだけですのにゃ 「かーたん お聖さんの会東京でもあるかもしれんのれっし」「もう行ったから行かんでもええやないの どうせおまえのことやからなんとかいう鮨屋に行こう思てるんやろ ええ加減にせえよ 断りなさい」 見抜かれてましたのにゃ(ノД`)
 NHKの肩を持てるものがひとつだけありましたにゃ 出演料ですにゃ 民放ならわれわれ文化人はロハかくれても3万円 出してやってるとゆーのが見え見えですがNHKは芸人と区別せずにくれますのにゃ たとえばようこそ先輩なんか30万ぐらいくれましたのにゃ だから芸人は安いと文句言いますがまあわれわれでも定期的に出演の話が来ないと到底食えませんのでぶっ潰せですにゃ
 おばはんが毎週見るんですがそこまで言って委員会なんて所詮は大阪ローカルの番組ですしただの一度もそこまで言ってないし本日に至っては反日の急先鋒の朴なんとかが出てましたのにゃ こんなこと言いたくないけどおばはんはどうなっているのですかにゃ
 ここんとこ左耳に水が入って残っているよーな感じが続いていますのにゃ そんな記憶はないので耳鳴りの始まりかもわかりませんのにゃ 齢を取るといいことはまずありませんのにゃ
 たしかにわしが学生時代漢字の読み書きコンテストで1位になったとき新聞が取材に来ましたがわしが言ったことなんかただのひと言も書いてませんでしたにゃ 駄菓子菓子 猫持になってからはわしが言ったことしか書かなくなりましたのにゃ 之を要するに有名になったらテレビでも言論の操作はしないと考えてもよいのじゃないでしょうかにゃ NHKのラジオとテレビに出たときは固有名詞だけが禁止でしたのにゃ 民放でカレー作ったりしたときなんか何の制限もありませんでしたのにゃ 唯一虎狂とかは言わないでくれというのはありましたにゃ 駄菓子菓子 日本で青筋立てて日本の批判をしたら下手をすれば大変なことになりますのでテレビ局がそんなこと言えというとは思えませんのにゃ 実際吉本の芸人で昭和天皇の物真似をした翌日にボコボコにされていなくなった奴がいましたのにゃ
 ここは冷静に考えてみましょうや N国党については党首が嫌いなのかNHKをぶっ潰すのが嫌なのかどちらなのかは旗幟鮮明にしてもらわないとわしもどう理解してよいのかわかりませんのにゃ 朴某についても彼を信用するのかしないのかのいずれかですにゃ わしも実際に会って話をすれば仲良しになることが出来るかもしれませんが在日の友人には最終的には裏切られていますのにゃ 韓国のことをちょっとでも言えばいなくなりますのにゃ だから信用出来ませんのにゃ 
 車椅子の天才ホーキング博士は死ぬ直前に中国に警告していましたのにゃ なぜならあいつらは知的生命体が住んでいる可能性のある星に定期的に信号を送っているからですにゃ ペリーが浦賀に来る前に寄ったのは逃げた中国人奴隷を皆殺しにするための石垣島でしたのにゃ 自分たちより弱い民族を植民地化した人種と白人と見ればペコペコしていた中国人とどっちもどっちですが宇宙人が来るのはやめてもらいたいのですにゃ
posted by めいちま at 10:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: