2019年07月18日

7月18日 木曜日

 起きたなう なんとなく目が覚めたわず 本日は降ったり止んだりの予報なれどガーデンズに行かないといけませんにゃ 
 有希先生に言われて愚痴も言わない悪口も書かないことにしましたのにゃ そしたら何も書くことがなくなりましたのにゃ とゆーのは嘘として中元歳暮についてひと言 お互いにやりとりするのは梅節先生だけにしてくださいにゃ あとはこっちが世話になってる人にだけこそっとしてますのにゃ 年金しか収入がないので増えたらがびーんですのにゃ
 ラブリンがアップしてましたがトリュフオイルなるものがあるそうですにゃ 実際に瓶を手に取って見てみなければわかりませんが写真を見る限りわしが食わないと決めたものは入ってなさそうですにゃ これを1,2滴垂らせばどんな料理でもうまくなるそうですにゃ 駄菓子菓子 野菜サラダ 野菜スープ 冷や奴 納豆に玄米雑穀しか食わないわしには勿体ないかもしれませんにゃ ラブリンが買えなくなってはいけないのでどこに売っているかは書きませんのにゃ
 わしに実際に会って立ち話をしたいという人は土日祝日以外のいつかはわかりませんが夕方にガーデンズの中央パーキングの2Fに来て下さいにゃ ゴルフはいくらでもいますがブルーのゴルフRくんはまずわしですのにゃ 目印は帽子ですにゃ 金品をくれるという人も歓迎しますのにゃ
 部長先生から大酒飲みのお嬢さまが豆腐を気に入り2晩続けて冷や奴でしたとメールが来ましたのにゃ そんなに言われると却って恐縮しますのにゃ 部長先生のふるさとの伯耆国の豆腐屋ですのにゃ 部長先生は因幡国でしたかにゃ この辺だとイカリにありますにゃ 豆乳だけでしたかにゃ
 「かーたん ラブリンが書いてたトリュフオイル買ってもええれしか」「あかん オリーブオイルいっぱいあるやないの」「それとはまた別でしてにょ・・・・」「うるさいよ」(ノД`)
 ケチなことを言いますがむかし阿川弘之先生に中元歳暮をしていたら最初はお返しをいただきましたがしまいにはお叱りを受けましたのにゃ われわれは同じ芸能人でありながら原稿料はめちゃんこ安いのですにゃ たとえば本が1冊売れてもらえる印税は約100円 ファンレターにいちいち返事を書いていたら忽ち収入が半減しますのにゃ ニュース番組で有名だった誰かさんみたく月曜から金曜まで毎晩400万もらっていたという人達とは違いますのにゃ 伊藤整の「日本文壇史」を読めば文士が如何に貧乏であったかがわかりますのにゃ 名声しか持っていませんのにゃ
 世に出て嬉しかったとゆーか驚いたのは子供の頃夢中で読んだ作家がいつの間にか同じ世界にいたということですにゃ 実際にお付き合い出来るよーにもなりましたのにゃ
 譬えは適切でないかもしれませんがわれわれ文士は猫に小判豚に真珠ですのにゃ ファン以外には何の値打ちもありませんのにゃ 愚痴ではなく事実ですのにゃ
 わしがいちばん稼いでいた頃は朝日と毎日に毎週連載があり飛び込みの依頼もあった頃ですにゃ 原稿料としては朝日が1回5万 毎日が3万 飛び込みが5万として毎月約40万ですにゃ 稼ぐ医者なら1日の収入ですにゃ 医者を辞めて作家になったどくとるマンボウさんみたくこれで冷たくされたら立つ瀬がありませんのにゃ 名誉職ですのにゃ そんな話が来たら畏れ多くて丁重にお断りしますが宮中歌会始の選者もつとまりますのにゃ
 わしにとっては戦友の梅節先生がどうしておられるのかは知りませんがわしは毎日空腹と戦っていますのにゃ その代わり酒は昼から飲んでますのにゃ 煙草は辞めましたが好きなことをして死ぬのは本望ですのにゃ ずーっと空腹であるとゆーのは痩せ続けているとゆーことですにゃ どの程度まで痩せればがんの成長が止まるのか止まらないのかとゆーことにも興味がありますし有希先生に教えてもらったことと併せて譬えるのなら和洋折衷の二本立てでやってますのにゃ 何回か死にそうになったことがあり死そのものは恐るるに足りませんががんに殺されるまでの苦痛はきっと耐えられないと思いますのにゃ とにかく奇跡を信じるのみですのにゃ 実際それしかありませんのにゃ
posted by めいちま at 14:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: