2019年04月18日

4月18日 木曜日

 リーガロイヤルホテルのメリッサ&オヤジんち&ガーデンズわず メリッサでオヤジとわしんちにビーフピラフとサラダ わしんちのビーフピラフはわしが一口 あとはおばはんですのにゃ またヘルパーさんと鉢合わせオヤジが電気真っ暗な中で首をがくんとさせて揺さぶっても暫く反応がなくビビったうんぬん 睡眠薬を飲み過ぎたんでしょうにゃ 廃棄物業者と契約を解除しようと思ったら注射器とか薬とか色々残っているものはそこに頼むしかなくそれなら急ぐこともあるまいと保留にして来ましたのにゃ クリーニング屋の請求書もあり払わないといけませんのにゃ ガーデンズは既にサラダがあるのでゴルフRくんの中で待ってましたのにゃ そしたらボクスターが来ましたのにゃ ガーデンズなら底を擦らないみたいですにゃ やっぱり違いますにゃ 駄菓子菓子 ゴルフRくんならややこしいオプションもなく現車もあって2週間ぐらいでわしんちに来ましたがポルシェの場合フェラーリには負けますが特殊な人しか買わないので半年待ちというのがネックですにゃ そんな時間は残されてないかもしれませんのにゃ 息子から何か届いていたみたいなので再配達の依頼をしたところですにゃ
 医師会から書き直せと書類が届いてましたのにゃ オヤジの医籍登録番号なんかわからないので医師会に電話したらずーっと話し中なので訪問看護師のボスに電話したらオヤジの様子がおかしい 歩けずわしがさっき行ったことも忘れている 先日頭を打ったので血腫があるかもしれないすぐ来てくれ 病院は手配しておくので救急車を呼ぶうんぬん 今から出かけますのにゃ
 帰ったなう ゴルフRくんに乗ってすぐに訪問看護師から電話があり救急車で先に行ってるから直接病院に来てくれうんぬん 前回とは別ですがまたしてもオヤジの嫌いな病院でしたのにゃ 場所が場所だけに土日はコインパーキングに駐められないので入院てなことにならなければいいなと待つこと2時間弱 医者に呼ばれて何もないから連れて帰ってくれと言われましたのにゃ 訪問看護師連中の勇み足ですにゃ 医者のわしが昼に行って見てだいじょうだと思って帰って来たのに勘弁してほしいですにゃ オヤジも「夕方3人ほど来てな わしを連れて行こうとすんねん」てなこと言ってましたにゃ メリッサのビーフピラフを不味いと言いながらペロリと平らげるのを確認してから帰って来ましたのにゃ それはともかく阪神高速神戸線武庫川の出口をブレーキを踏まずに曲がることが出来るのはさすがはポルシェチューンですにゃ 
 中央急病診療所 やめて2年以上経つのに未だに診断書を書けって何なのでしょうかにゃ やっぱり役人に関わるものではないですにゃ まともな神経してれば言って来ませんのにゃ
 西ドイツのレンタカーはわしがいた当時 1qいくらとは既に書きましたにゃ いちばん安いビートルで18円ぐらいでしたかにゃ ポルシェは100円超えてましたにゃ でもってワーゲンのK70というセダンを28円で借りてイゼルロンからフランクフルト ミュンヘン オーストリア スイス経由でシュタウフェンという小さな街の学校に移動しましたのにゃ わしは当時は色々親切だった警察署長に頼んで西ドイツに行く直前の1ヶ月で免許を取り国際免許証を発行してもらってすぐに渡りましたので運転は西ドイツで覚えたよーなもんですにゃ 運転の上手下手は天性のものとしか言えませんにゃ K70は安い車なのでいくら踏んでも170しか出ず走行車線の車もかなりの速度で走っているので抜くのも必死のパッチでしたのにゃ オンボロのメルセデスがいたので抜こうとしたらワーゲン如きで何考えとんねんてな調子で急にスピードを上げ抜かせてくれずメルセデスのドイツ人おっさん3名がニヤニヤしてましたのにゃ そしたらわしの後は長蛇の列で煽ったりはしませんがオペルがピターッとつけてはやくどかないかなあてな顔してましたのにゃ そんな世界で運転を覚えたら200キロなんかフツーですのにゃ 途中でねーちゃんがふたりヒッチハイクしてたので急ブレーキを踏んで止まって乗せたらアメリカ人でしたのにゃ わしは急ぐので床まで踏んで走り続けたらクレイジーてなことぬかしよりましたので降ろしてやりましたのにゃ オーストリアかどこかで左コーナーの直前で居眠り運転していて別の車がクラクション鳴らしてくれなければ壁に激突してましたのにゃ 必死でステアリングを切って何とか曲がることが出来ましたのにゃ クラクションを鳴らした車が追いかけて来て家内が怪我をしたとか言うので謝って事情を話したら怪我はたいしたことないからてなことになりましたのにゃ このときの請求書はまだあるはずですにゃ アウトバーンにコーラの瓶を投げた馬鹿がいて左のヘッドライトに直撃しましたが文句は言われず6万円程度でしたかにゃ 走行距離は1501qですにゃ
posted by めいちま at 16:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: