2019年02月27日

2月27日 水曜日

 ここ最近オヤジんちに2回行ったとき駐車場はありませんので近所のタイムズに駐めますのにゃ タイムズのサービス券を患者さんに上げろと言ったのはわしですにゃ おばはんがすぐ傍の自販機でおーいお茶を買おうとしたらポカリスエットが出て来ましたのにゃ 2回目もうっかりしていてまたポカリスエットでしたのにゃ これが大正区ブランドですにゃ
目が覚めてしまったなう こんな時間に目が覚めると頭がボーッとして不愉快ですにゃ きょうはどこかに出かけるのは無理ですにゃ
 会計事務所と銀行に電話して銀行の折り返し待ちなう 忙しくなるがわしの体力が保ちますかにゃ おばはんは完全無塩に協力してくれることになりましたのにゃ それでフードプロセッサーが欲しいとか言ってますが読んでくれと言ってるのに本を読まないので一抹の不安はありますのにゃ
 外国はいいですにゃ 猫に遺産を相続させることが出来るのですからにゃ それでこそ遺言の意味がありますのにゃ 日本は本当に血が繋がっているかどうかわからないのに戸籍重視ですのにゃ 誰だって苦楽を共有し普段何かと世話をしてくれる人に上げたいのは当たり前でなーんもしてくれない奴に鐚一文もやりたくはありませんのにゃ もっともわしには住宅ローンつきのこのボロ屋しかありませんがにゃ 
 若い頃から水炊きの汁を飲むのが好きでしたのにゃ これも体がそれがいいということを教えてくれていましたのかにゃ オヤジとおかんが鍋と言えばすき焼きと豚肉で代用したハリハリ鍋ばかりだったのでこれからふたたび飲みますのにゃ 野菜の味がしてまいうーですにゃ おばはんのために無塩の味噌が再入荷していてたので注文しましたのにゃ
 動物はもちろんそうですが人間も大昔たとえば縄文時代には調味料なんかなく自然の味そのもので食っていたはずですにゃ それで彼らは感染症や怪我など以外で死ぬことはほとんどありませんでしたのにゃ いつの頃から味付けをするよーになったのかなぜ味付けしたほうがうまいと感じるよーになったのかが知りたいですにゃ わしは白米は食いませんがこれも味付けなんかしなくたってそのまんまで十分うまいですにゃ アメリカが最近になって食い物の研究と調査を大々的にやり成果を発表し始めたのはむかしはむしろ稀だったがんになる人間が多すぎるこれはさすがに何かがおかしいと思ったからですにゃ 厚労省ががんは生活習慣病と言ってるようにだったら生活習慣を改善すれば治らなければおかしいという理屈ももっともですにゃ 動物は自然のものを自然のまま食っている限り人間が罹る病気になんかなりませんが人間に飼われたらおかしくなりますのにゃ 実は白米は自然のものではなく精米という工程を加えた加工食品なのですにゃ 加工食品はダメとアメリカの研究は言ってますのにゃ 玄米のまま丸ごと食えの理由ですにゃ 味付けせずに食うと最初は違和感がありますが2週間もあればそっちのほうがうまいと感じるようになるらしいですにゃ われわれの味覚は誰かに騙された味覚ですのにゃ
 この辺で十割そばを食わせるのは夙川のミシュラン☆のあんばいか芦屋の土山人ぐらいしかないかなと思っていたら芦屋奥池にむら玄というところがありましたのにゃ まうまうに投稿しておきましたのにゃ むら玄もミシュラン☆ですにゃ
 オヤジの入院先の女医さんから漸く電話がありましたのにゃ オヤジの入院時のCRPは29でしたが一時は37まで上がりただいまは27とのこと 診断は腎盂腎炎と肺炎らしいですが水腎症の原因を調べないとめしも食わないのでアルブミン値が下がり続けているためこのままだといつ急変するかもわからないから説得してくれと言うので行動派Rにどんな人がいるのかを説明して説得なんか無理だと言いましたのにゃ オヤジはどうやらわしに迷惑掛けるのが嫌なのか介護なんかされたくないのか死ぬ気みたいですにゃ 女医さんがひとつだけ聞きたいことがある急変したときはどうしたらいいんでしょうかと言うのでそれが本人の希望なら死なせてやってくださいと言っておきましたのにゃ 仕方ないですにゃ 本人が検査を拒否しているのですにゃ 
 従業員の月給を払わねばなりませんがわしがオヤジの金を引き出すことは出来ないのでわしが振り込むしかないですがそんなに持ってないのでいけますかにゃ
 従業員はともかく薬屋などの支払いはどうなりますのかにゃ 
 部長先生にむかし大学入試の勉強をしていた頃こんな難問を制限時間内に解ける者がいるだろうかと困惑する問題を時々見かけました 入学後にああいう難問も授業で習ったかと灘高卒の同級生に尋ねたら誰も解けないことを承知の上で出しているんやと教えられました 大学の「格が高い」ことを示すために故意に無意味な問題を出す大学があるんだとの説明を受けましたと教えてもらいましたのにゃ 先日の国試の問題を見せた返答ですにゃ 
 わしはおかんが1週間にも及ぶ難産の末に生まれましたのにゃ 当時最新の陣痛促進剤でも効果がなく医者がこれ以上はお母さんのいのちの危険があるのでこの子の脳味噌を掻爬して堕ろしますかと聞かれたそうですにゃ 生まれる前からこんな状態でしたのにゃ これを大阪弁ではさっぱわやくちゃと言いますのにゃ
 おばはんが興味を持った奈良の玄というそば屋は聖地と呼ばれていてざるそばにそばつゆなんかなく水につけて食うそうですにゃ わしには最高ですがわしは元々おまえほんまにつけたんかというくらいそばつゆをつけずに食うのでほぼ関係ないですにゃ 予約が取れるかどうかが問題ですにゃ
posted by めいちま at 00:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: