2019年01月10日

1月10日 木曜日

 カメヤ わさび茶漬け  これガーデンズにもあるけどほんとツーンと来ますにゃ でもっていつも買い忘れますのにゃ 若い頃と違って辛いものがダメになって来ましたにゃ 通販もあるみたい
 e4901509831088.jpg
 以前にも書いたけど西洋薬は自然界にあるもの(ハーブ等々)から効きそうなものを探して来てそれを売ったのでは儲からないからそれに似た化学物質を無理矢理合成して特許を取得して儲ける仕組みになっていますのにゃ たとえば肉腫の薬のヨンデリスもカリブ海の海鞘から見つけた成分を科学的に合成したものですのにゃ その海鞘そのものには毒性なんかないのに合成なんかするから副作用だらけになりますのにゃ そう考えるとまだわかっていないだけかファイザーなどが隠しているのか自然界にはがんの特効薬が存在する可能性は否定出来ませんにゃ 彼岸花の球根には毒があるのはわかっているけどむかしは腫れ物の薬として使われていたことを考えると毒をもって毒を制すなんてのはありかもしれませんにゃ たとえば鉄の肺で管理しながらふぐ毒を食わせたらどうだろうなんてことは誰も考えたことすらないですのにゃ 抗がん剤はすべて遺伝子組み換えですのにゃ 最近は化学合成する前のものをオーファンドラッグとして売るようになりましたにゃ ふるたにしゃんが教えてくれた台湾のキノコもそうですにゃ
 フェイスブックで返信するときにどこかをクリックしたら相手の名前が表示されるようになっているみたいだがそのまんまなら呼び捨てになるがそのまんまの人が医者仲間にいるのは情けないですにゃ 以前から気になっていたけどまったく気が付かないみたいので言わざるを得ませんにゃ 「さん」ぐらいつけないと相手に対して失礼ですにゃ もっともわしのことは呼び捨てでも気にしませんのにゃ
 遺伝子組み換え食品とか添加物とか気にしていたらキリがないという人は多くうちのおばはんもそうですにゃ そんな人に聞きたいですがわしの腹の中から取りだした脂肪肉腫 あれ食いたいと思いますかにゃ もしかしたらがんになる直前で精肉したものを食っているかもしれませんのにゃ
 がんのゲノム診療について調べていたら現時点では地獄の沙汰も金次第ということみたいですにゃ 阪大は半額を阪大が負担してくれるみたいでいちばん安そうだけど肉腫はダメと書いてありますにゃ 近いところなら岡山大だけど200種類の遺伝子を調べるのに約100万円 ホルマリン固定して48時間以内?のものでないと精度が低下し48時間以内のものでも検査しても有益な情報が皆無のこともあるうんぬん 有益な情報があった場合は保険適応外の薬が使えるがその場合は自費とか 県立がんセンターに行く日に聞くのがいちばんですにゃ 5年ほど前に九州大 鳥取大 岡山大でがんに関して画期的な発見があったてなことをメディアが書いてたけどあいつらはたいしたことでないものにでもすぐに飛びつき未だに続報がないところを見るとみんな藁だったのですにゃ メディアなんか信用出来ませんにゃ 唯一まともだったのはオプジーボだけですにゃ これは肉腫でも治験が始まったばかりですにゃ
 東灘のブラジル食料品店の大将も言ってたけど出稼ぎのブラジル人ですらチビの日本人とあからさまに嫌味を言うそうですにゃ 政府は外国人を受けいれると言ってるけど凶悪犯罪が増えるだけでわしに言わせれば論外ですにゃ どうしてもやるのなら国と人間性は厳選しなければいけませんにゃ 
 「かーたん 仏手柑て知っておるれしか」「何それ」「仏さまの手みたいなみかんで日本では飾り物れしが台湾では果物らしいのれっし ひとつ買ってもええれしか」「うるさいわ いらんもんばっかり次から次へと買おうとするなっ」「す すまんかったれっし」(ノД`)
 辺野古埋め立て反対とか環境が心配とか米軍はいらないとか言うのは簡単 じゃそう言ってる人 アメリカとの交渉を任せてあげるからやってごらん ペリーとハリスと交渉した幕府(林大学頭に岩瀬忠震等々)も交渉出来るのは幕府しかなく他藩は口だけだったじゃないの その代わりちゃんと結果には責任取りなさいね それとも自分の国は自分で守るという当たり前のことをやりますか
 めいちまがおばはんの膝の上にいるときに話し掛けたら返事をしますのにゃ 「めいちゃん 仏手柑買ってもよい?」と言うと返事をしませんのにゃ( ̄0 ̄)
 2012年の統計ですが世界でいちばんがん患者の比率が高い国はどこかわかりますかにゃ ちなみに日本は30位 お隣の韓国は8位 アメリカは6位 アフリカ諸国は軒並み低いという結果になっていますにゃ 調べればわかるので検索してくださいにゃ 2位はフランスですにゃ
 がんになった経験から言うと最初に行った病院に任せきりにするのはよくないですにゃ 複数のセカンドオピニオンは当たり前ですにゃ 自分のことなんだから遠慮していてはいけませんにゃ セカンドオピニオンの紹介状を面倒くさがる医者からはとっとと逃げるべきですにゃ 
 ペットの専門家が安全性を保証するキャットフードベスト3
 @Orijen(オリジン)AナウフレッシュBロータス
 腎臓食はこれ 腎臓食でなくても安全なものもあるので成分表示を読む技術と知識を身につけてくださいにゃ 知ると知らぬのとでは雲泥の差ですにゃ
 https://www.bros-online.jp/product/1889?fbclid=IwAR3Q9oqOzx5zKrQOe4A9GAwJSyR6eqkX0GrLs8kUB3IpxeKLgS_PcaOuZMI
 むかし教授くんが食の安全の本を書こうと言っていたがすべてわしに丸投げで自分は平気で○○を飲み食いしていたので馬鹿馬鹿しくなってやんぴこばれたことがあった オヤジもおばはんもそんなことゆーとったら食うもんがあるかいタイプでオヤジなんか今年は94になるので返す言葉がないので食の安全に関する映画や本のタイトルは書かないしこのこともこれ以上は言わないがそれでも口に入れないほうがいいものが確実に存在する 国と食品業界が目覚めてくれるのを待つしかないが興味のある人は検索してみてくださいにゃ 科学的根拠を信奉する医者なら看過出来ないのではないかと思うが言えば逆に白眼視されることがほとんとであったのはまことに残念ですにゃ 
 
posted by めいちま at 09:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: