2018年12月05日

12月5日 水曜日

 いつだったか日本とイギリスの著名人が対談したとき日英同盟を破棄したのはお互いに失敗だったということで一致した たしかに継続していればイギリスは植民地を失うこともなく日本はドイツと同盟を結ぶこともなくヒトラーの攻撃にイギリスまで連合艦隊を派遣しただろう 日本にとってはワルのアメリカが手出し出来ず石油に困ることもなく蒋介石をコテンパンにし火事場泥棒に北方領土を盗まれることもなかった 両国ともいいことずくめだったのである 今大英帝国はEUの離脱などで窮地に立たされている 日本も性悪の国々に困っている ふたたび日英同盟を結んだらどうだ そうすれば少なくともアメリカの性悪は抑えることが出来るだろう
 森蘭丸は17歳のとき弟と共に本能寺で討ち死にした 蘭丸を討ち取ったのは明智三人衆のひとりと言われていた某らしくその某は光秀が敗れたのち名前を変えて筑後柳川の荒大名立花宗茂に仕え碧蹄館で明軍を散々に打ち破る武勲を立てた 明朝鮮の同盟軍に恐れられたのはこの宗茂と島津義弘で義弘は戦闘と言うより屠殺と言うほうが近い殺戮のために鬼石曼子と敵を恐怖させた 退却のときは宗茂を助けに戻りもしている 義弘はその目の変化で時刻を知るために猫を何匹か従軍させた 戦死した猫もいたが無事に薩摩の地を再び踏むことが出来た猫もいた そのことはねこ新聞にも書いたが忘れた 仙巌園のホムペを見れば書いてあるかもしれない 最後は号泣した「島津奔る」が一部司馬遼太郎先生の作品に似ているということで絶版になったのは実に惜しい 似ているのは「関ヶ原」だと思われるが「島津奔る」ほど感動した歴史小説は他に知らない
 Mー1がどーたらこーたら言ってるけどどれもこれも面白くないのに毎年優勝者を決めること自体に無理があるね 全員一致じゃなければ今年は該当者なしという選択肢も入れればいい
 天誅組の説得だったかに出向いた一行の中に寒川某の名前がある 紀州寒川家の地侍だろう 天誅組の首領に担がれた中山忠光は長州に逃れて暮らしていたが禁門の変などに敗れた長州はついに匿っていることが出来ずに3名の刺客を送る 忠光は持っていた傘で戦い刺客を退けて家に辿り着くがそのときに受けた傷が元で亡くなる 忠光の姉の子供が明治天皇で昭和天皇実録にも中山慶子や中山愛子がよく出て来るが宮内庁が教えてくれた本にはこんなことは書いてなかったのでなかなかわかりませんでしたのにゃ 
 糖尿で病院から管理栄養士の話を聞けと言うから聞いたがバランスよく食えとかカロリーのことしか言わずこっちが突っ込めば何一つ答えられず嫌な顔をするだけであった 申し訳ないが存在理由が理解出来ない それをススメるということは糖尿病専門医も同じレベルということですにゃ
posted by めいちま at 11:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: