2018年09月23日

9月23日 日曜日

 ベルソムラの20rを1錠飲んで30分待ったけど梅節先生の言うよーにまったく眠気が来ない 泡盛を飲んでもダメ オヤジにマイスリーもらおうかな あれだとアルコールで流し込むと何とかなるが記憶がなくなって脳震盪1回 左肩の脱臼が1回あるので30分以内にベッドにゆく必要がある 再発がわかるまでは何も飲まなくても12時間は寝られたのに酸棗仁湯はやく来ないかな すぐには効かないだろうけどそれしかなさそう 
 起きたなう ベルソムラも結局2時間後には眠れましたにゃ 丹波哲郎が出て来て犬の絵を描けとか訳のわからないことを言ってましたにゃ 目覚めはやはり睡眠薬なんか飲まないほうがはるかにいいですにゃ にゃん吉が死んで悲しみに暮れていたときおばはんがベランダに生後間もない仔猫が1匹死んでいるのを見つけましたのにゃ まだ芦屋に住んでいたときですにゃ 母猫が人間や烏などの天敵から守ろうとしてわしんちのベランダに運ぼうとして誤って落としてしまったみたいで頭から血を流して死んでましたにゃ 待てよ他にもいるんじゃないかと探したら和室のエアコンの室外機の安全なところに2匹いましたが残念なことに死んでしまった後でしたのにゃ 何とあわれな われわれがもう少し早く気が付いてやることが出来ていればとおばはんとふたりで涙を流しましたのにゃ ところがこの3匹には1匹だけ生き残った姉だか妹がいましたのにゃ それが2ヶ月後に出会うことになるめいちまでしたのにゃ 八百万の神々は決してわれわれ夫婦もめいちまも見捨てませんでしたのにゃ それに気が付くことが出来るかどうかですにゃ
 剣神社が現金書留で送ってくれと言ったのがたしか2日前でしたかにゃ 郵便局に行くのが面倒なのとバレないと思ってクロネコで飛ばしましたのにゃ そしたらたった今ご祈祷をさせていただきましたというお便りと一緒に木のお札やら塩やら箸やら御神酒やら一杯届きましたのにゃ 送れと言った5000円に5000円上乗せして送っただけですのにゃ これはきっと病気なんだから一刻も早くという思いやりですにゃ 信長さま 小丸さん お導きに深謝申し上げます
 有希先生に教えてもらったことを始めて2日 おばはんが何も言わないのに熱いお茶を淹れて来てくれましたのにゃ 昨夜のことでしたにゃ 有希先生にも感謝ですにゃ
 もしかしたら剣神社に名刺を送り忘れていたかもしれないのでうた一首書いて落款捺してむにゃむにゃと送っておきますのにゃ 神速なるご対応へのおん礼ですにゃ
 剣神社には色紙書きましたのにゃ クロネコ呼びましたのにゃ 郵便局も電話1本で来るべきですにゃ
 早速剣神社の御神酒をいただいていますのにゃ ほかにも梅昆布茶とかごまかつおふりかけとかありがたいですにゃ
 剣道柔道合気道 すべて道と名が付くようになってからダメになりましたにゃ 剣道に限って言うと大昔はまだ剣術というものがなく体の大きい者や力の強い者が大抵勝ちましたのにゃ それではたまらんと工夫を凝らして生まれたのが剣術でわしの独断と偏見ですがもっとも強かったのは新陰流の上泉伊勢守でしょうにゃ 大和国で敵なしだった柳生石舟齋が子供のようにあしらわれたのは有名な話ですにゃ 剣術柔術合気柔術の歴史はそれぞれ古くみんな人を殺す術でしたのにゃ 水術に忍術 槍術 薙刀術などもありましたにゃ ちなみに坂本龍馬は千葉道場で薙刀を習っただけですのにゃ どれが本名かわからない新選組の齋藤一ですら師範学校だったかで教えていたとき剣道五段六段の猛者の竹刀を掠らせたことがなかったそうですにゃ 龍馬に言われて勝海舟の護衛をしていた岡田以蔵は海舟を助けたとき人を殺してはいけないと言われわしがいなけりゃ先生は死んでいたきにと言い返して海舟もひと言もなかったそうですにゃ
 病理のながしま先生がスタンフォード大式疲れない体を作る方法として茶色い炭水化物を挙げておられましたにゃ これでUCLAに次いで二つ目のエビデンスが出ましたにゃ
 海舟の父親の勝小吉の「夢酔独言」は息子よ努々わしみたいな人間になってはいかんぞと前置きしておきながら中身はすべて喧嘩に勝った自慢話ばかりですのにゃ
 奈良にうまいもんなしと言われますが曾祖母は奈良の油坂の素封家の一人娘で明治時代のお小遣いが月に百円だったそうですにゃ 家一軒買える金額ですにゃ それで曾祖母の娘(祖母)と結婚した祖父は囲碁を教えたり俳句をやったりして遊んで暮らしてましたが新円切り換えでぜんぶ取られましたのにゃ そんな訳で奈良の肩を持たせていただきますとてなこと言っても柿の葉寿司(和歌山でも名物)ぐらいしか思い浮かびませんがひとつだけ興福寺境内にあって移転した奈良茶粥の塔の茶屋はよかったですにゃ 写真は昼の弁当ですがわしはいつも夜に行ってましたにゃ 柳生家の道歌にも詠み込まれている猿沢の池周辺の駐車場に駐めて歩くわけですが暗くて溝にハマって転んだら寝ていた鹿と目が合いましてにゃこいつアホかてな顔をしてましたのにゃ 予約して夜にどうぞですにゃ もっとも茶粥や茶飯は緑茶か焙じ茶で家でも出来るのでやっぱり奈良にはうまいもんなしなんでしょうかにゃ 柿の葉寿司は店が一杯あってこればっかりは好みですにゃ 義経千本桜の弥助鮨を忘れてましたにゃ
 40568075.jpg
 むかし「くたばれグルメ」てな本を書いたおばちゃんがいましたが素朴なものでダントツにうまいのは駅弁ですにゃ 大阪に水了軒というところがあって潰れましたがそこの八角弁当だけは根強い人気があってむかしの社員が集まってそれだけ売ってますにゃ 大阪の阪神百貨店にありますがそんなにうまいことはないですにゃ ちなみに和歌山の水了軒はまだありますにゃ 和歌山といえば御坊駅にはドライブがてらよく駅弁を買いに行きましたにゃ うまかったのは名神のサービスエリアや米原駅で売っていたすき焼き弁当でしたが今はないみたいですにゃ 適当なお土産が見つからないときは駅弁も一手ですにゃ すき焼き弁当がなくなったのはアメリカの肉を使っていたからとかなんとか言われてますにゃ
 先師山本夏彦は女子中学生にあなたはどうして同じ事を繰り返し書くのですかと言われておおよくこそ聞いてくれたてなこと書いてましたが物書きはみんなそうですにゃ 書くことがなくなるのと何を書いたのかいちいち覚えてられないのですにゃ 
 梅節先生がファブリーズを買いに行ったらこれでしたのにゃ この店は何を考えていますのかにゃ これじゃ買う人はいませんのにゃ
 42386867_2180993865511849_1517494761236201472_n.jpg
posted by めいちま at 00:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: