2018年09月13日

9月13日 木曜日

 おばはんも不眠症でデパス3r飲んでフラフラになっているので酸棗仁湯を処方してもらわねばなりませんのにゃ 睡眠薬として使う場合はデパスは3rでいいけどおばはんには多過ぎですにゃ しゃっくりが止まらないというので芍薬甘草湯を飲ませましたのにゃ
 コーヒーは摂取したほうがいいかもしれないという分類なのでわしはこれですにゃ
 http://www.greens-kobe167.jp/
 20160413_8946f2.jpg
 おばはんのしゃっくりは芍薬甘草湯1包で速効で止まりましたにゃ
 ベッドに行けと言ったのにおばはんが板の間に正座した姿勢からつんのめりになった形で寝てしまいましたのにゃ ベッドに連れて行こうとしましたが重くて無理でしたにゃ 知性派は酒と薬はダメですにゃ 相談せずに飲むからですにゃ あんな姿勢で寝たら元々痛い腰が心配ですにゃ
教授くんとメールしていて「わしは最近よく疲れるからぼちぼち寿命かもしれん」と言うと「アホー 何を弱気なことゆーとんねん!しっかりせんかい!ぼちぼち寿命やと!」と言われましたのにゃ 友情は多としますしわしが死ねば彼には友達と呼ぶことが出来る人間がいなくなるので気持ちもわかりますが知性派Aの彼と違って情緒派Zのわしも同じ情緒派Zの巨人南方熊楠も幼少期から病弱(情緒派Zの特徴)で持って生まれた生命力が旺盛ではありませんのにゃ 熊楠は中学以来からの親友であった紀州田辺で最初の目医者である喜多幅武三郎が脳溢血で亡くなってからめっきり弱って75でこの世を去りましたのにゃ 老衰で天寿を全うしましたのにゃ 亡くなる直前天井にきれいな紫の花が咲いているから医者を呼ぶなと言い気が触れていた息子の名前を呼んで息を引き取りましたのにゃ 幽霊と自由自在に話が出来幽体離脱も出来猫を愛した熊楠はわしが大好きな人のひとりですにゃ 水木しげるの「猫楠」という漫画が面白いですにゃ 芸者の陰毛を大事に持っていて奧さんに捨てられて激怒したりなんかわしによく似ていますのにゃ 記念館 顕彰館 旧居等々ぜひ訪ねてくださいにゃ 好きだった餅屋も足繁く通った田辺新地もまだありますのにゃ
51BoBL93orL__SX350_BO1,204,203,200_.jpg
影山先生がNovalisというピンポイントで照射出来る装置が日本に11台あると教えてくださいましたのにゃ 大阪神戸に4軒ぐらいあるので兵庫県立がんセンターに電話したら自分で紹介状を書いてもいいと言うので書いて話だけ聞きに行きますかにゃ 神戸大でのオペの話はなかなか進まないので暇つぶしにちょうどいいですにゃ
義母と比奈夫先生からお見舞いの電話がありましたのにゃ 義母は看護婦だから冷静ですが比奈夫先生(情緒派Y)は何度か絶句しておられましたのにゃ 実は比奈夫先生も去年だったかに胃がんが発見されておられますのにゃ でも御年101なので放置でお元気に暮らしておられますのにゃ それで失敗したのが先師山本夏彦(情緒派Z)で87のときだったかに胃がんのオペをしておそらく体力が尽きて亡くなりましたのにゃ わしの経験では最初のオペで取り残した左の1pの部分が2pになるまでなんだかんだ言いながら4年はかかってますのにゃ 計算では5pぐらいになるまで放置して何回かオペすればそのうち寿命のほうが尽きるだろうと思ってましたが最初からオペ出来ないと言われたので粒子線をやりましたのにゃ まったく無治療でも寿命のほうが先に尽きるかもしれないのでぼちぼちいきますのにゃ ドンが教えてくれた九州は切り札として置いてますのにゃ 梅節先生の免疫クリニックにも一度は行きたいですにゃ こっちには高いところばかりですのにゃ
 夏目雅子は知性派D おばはんも知性派D 関係ないけど そりゃそうとCMでよく見るこの子 子供にしては色気がありすぎて怖いですにゃ
 48df0ffd-s.jpg
 
posted by めいちま at 08:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: