2018年08月12日

8月12日 日曜日

 サイエンス漢方処方会のボスの井齋偉矢先生にメールで術後の痛みの対処法と肉腫再発予防と残存した肉腫への対策をお聞きしたら数分以内にお返事をいただいた 「寒川猫持先生侍史 術創の微小循環を改善させることが痛みの軽減に直結します。術後1週間は、桂枝茯苓丸を睡眠時間を除いて、2時間おきに服用するといいでしょう。再発予防と残存癌を叩くのは先生の免疫系の仕事です。漢方薬が直接叩くわけではありません。十全大補湯は倍量は不要ですが、コウジン末1回2g、1日3回がナチュラルキラー活性を上げるのに有効だと思います。糖質制限は行き過ぎないように、術後すぐはかなりマイルドにお願いします」
 百万の味方を得た思いなり
 おばはんと徹夜で話をしていた 最初はフランス(ルーブル美術館 めし)ポルトガル(めし)スイス(チーズフォンデュ)イタリア(シシリー めし)ドイツ(サッカー観戦 城)などに行きたいと言っていたが最終的に念願のエジプト(ピラミッド スフィンクス めし等々)一択に決まった 「アンタもヨーロッパの中からひとつだけ選びなさい」と言うのでタヒチとかわたしのラバさん酋長の娘的なところかマイアミかドイツ時代に仲良くなったタイ人のいるタイとかに行きたいなと思ったがヨーロッパではないのでドイツにした ハッキリ言ってエジプトみたいな古代遺跡だけてなところで終わりたくない 最悪「インディ・ジョーンズ 失われたアーク」てなことになっても困る 言葉が通じて安心なところがいい でもって買ってもいいと言うからアマゾンでエジプトとドイツのガイドブックを注文したところである ドイツたって思い出以外なにもありませんがね めしはまったく期待出来ないのでポルシェ借りてむかし住んでた町にでも行きますかな 本当の楽しみは往復のファーストクラスだけになりそうですな
 とにかく夏が大好きなので沖縄とブラジルに行きたいと若い頃からずーっと思っていた ほとんど出歩かないので長いこと気が付かなかったがお好み焼きでも食いに行こうと出かけたとき沖縄料理屋兼物産品店(いちゃりば)を見つけびっくら扱いた しかも患者さんの店で子供の頃わしんちの裏で清月という沖縄の料理旅館を経営していて三線の妙なる音色に心惹かれていたことを思い出し調べたら大阪市大正区はリトル沖縄というべき町であるということを知った 沖縄のものなら粗方手に入るということがわかって態々でかくて凶暴なゴキブリに襲われに行くこともないなと思ったりしているうちにその機会を失った おばはんに聞いたら義弟が沖縄の大学にいた頃に何度か行ったことがあるがもう行かないと言う ブラジルに関してはブラジルについての本を何冊か出しておられるサンパウロ新聞に勤める日下野良武さんが帰国するときに会いたいということでお目に掛かったことがある 聞くとブラジルでは夜間 信号が青はgo赤もgoで絶対に止まってはいけないうんぬん 物騒な話ばかり聞かされて行く気が失せた 治安を気にしないのならサルバドールとか北の町がいい リオデジャネイロもいいが豪邸には機関銃を持ったガードマンが数人いたりする 家の中にいても安心できない国なんてとてもじゃないが日本人には無理であるということで断念した スコールとかブラーマというビールを飲みながらボサノバを聴くことにしたいと思う
 色々食わないことにしたら腹が減って仕方がないので冷蔵庫を見に行きましたのにゃ 「かーたん この太い胡瓜食べてもええれしか」「アンタ それゴーヤやで」( ̄0 ̄) 半透明のビニール袋?に入っていたのでわかりませんでしたのにゃ 糖尿には痩せるほどの良薬はないのですにゃ わしの経験では1s痩せるとHbA1cが0.1下がりますのにゃ
 子供の頃からボードゲームが大好きでよく遊んだ 長じてからは輸入物の大規模なのをいくつか買ったが遊んでくれる暇人はいなかった 「かーたん おらちま子供の頃よく遊んだ忍者屋敷ゲーム買ったら遊んでくれゆ?」「せえへん」「ほなお化け屋敷ゲームは? 買ってよい」「うるさい」(ノД`)
 d225995978_1.jpg
 DSC01982_R_588x.jpg
 img_001.jpg
 71lSw7wwAxL__SX355_.jpg
 img_a56_esugoroku.jpg
 Mastermind.jpg
 obake.jpg
 u49235028_1.jpg
 おばはんと大笑いしながら「世界の果てまでイッテQ!」を見てましたのにゃ どさくさに紛れておばはんの短パンのポケットに手突っ込んだら思いっきりバチキ入れられましたのにゃ(ノД`)
 果肉の赤いメロンは大幅に血糖値を上げるので向後は食わないもののひとつだがこれまで格別メロンを食いたいと思ったことはなかった たまに食っても嬉しいと思うこともなかった 駄菓子菓子 あれこれ食わないと決めてからは冷蔵庫に残っている夕張メロンの1種の4分の1があとで食えると考えただけで嬉しくて仕方がない 飽食の時代とはよく言ったものでもう食えないと思ったときにありがたみが初めてわかった
posted by めいちま at 08:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: