2018年07月31日

7月31日 火曜日

 起きたなう 7月尽なう 明日はとうとう八朔 夏が過ぎてゆく(ノД`) ドライブに行きたいれしゅにょ
 mixiは150字制限があるので面白い投稿は制限のないフェイスブック ここと違って盛り上がり方が違って楽しい 
 雀の涙だけど最近わしの電子書籍が売れているのか振り込みがありますのにゃ ここに書いていることをホームページにも転載しているからですかにゃ 大学入試にも使われていて使用料が入るのですにゃ わしのアホな文章を使うだなんてどこの大学か顔を見てみたいものですにゃ
 伊良湖から伊勢湾フェリーに乗ると三島由紀夫の潮騒の舞台の島がすぐ左手に見えますのにゃ 神島?でしたかにゃ
 オヤジが阪大の白い巨塔の小沢外科にいたとき警察病院は月給が安いと言ったら足摺岬に飛ばされましたのにゃ 土曜に赴任して日曜の朝ゆっくり寝てたらいつまで寝てるんや都会の偉い先生は違うのうと言われてその日に帰って来て開業するしかなくなりましたのにゃ わしが香芝にいたときも休日なんか関係なかったですにゃ 結膜出血でも朝っぱらから部屋のドアを叩き破るみたいにドンドン叩かれましたのにゃ 田舎じゃこれくらいのことは覚悟しておかないとダメですにゃ 秋田大学の眼科は医局員が払底していて患者を紹介したら嫌な顔をされるそうですにゃ みんな都会に行くのは田舎の人にも原因がありますのにゃ
 夏だから宮尾登美子先生の陽暉楼のモデルになった土佐の高知のはりまや橋の得月楼に行って皿鉢料理を食うのがオススメですにゃ ただし数人では食い切れませんのにゃ 宮尾先生のおハカキも何通かありますのにゃ 龍馬の桂浜ぐらいしか行けませんのにゃ 龍馬のふるさとの中村とか田宮虎彦の足摺岬とか室戸岬にゆくのなら早朝に出発しないと無理ですにゃ
 帯状疱疹はわしもなりましたが皮疹が出るまでの4、5日はかなり痛いですのにゃ その時期に医者に行っても神経痛とちゃうかでオシマイだろうですにゃ これは怪しいと思ったら十全大補湯か補中益気湯の大量投与で開花を押さえられないかおばはんがそうなったらやってみるですが開花せずに済んだら帯状疱疹かどうかわかりませんのにゃ 保険も通りませんのにゃ 予防医学の難しいところですにゃ
 前妻のおばあちゃんが伊予の佐多岬に住んでいましたのにゃ 神崎でしたかにゃ 平屋二間の貧しい家でここの出身ですのにゃ 五右衛門風呂にポットン便所 誰も鍵なんかかけませんのにゃ 野良仕事から戻ると上がり框でハマチが跳ねてるなんて毎日だったそうで漁師さんが置いて行ってくれますのにゃ 一度嫁と義母と3人で行きましたのにゃ 瀬戸大橋しかなかった時代ですにゃ 四国の高速がちょっとしかなく944ターボSで10時間かかりましたにゃ 一般道は制限速度以下で走る車が多く数珠繋ぎ ヘトヘトでしたにゃ 寿司の出前を取って待っていてくれましたが生臭くて食えず腹が減りましたのにゃ 夏でしたにゃ おばあちゃん わしのことを若と呼んでくれるのはいいですがにゃ 脱衣場なんかない五右衛門風呂からパンツ一丁で上がって来たのが引き金になったのですかにゃ ちんちんに異常なる興味を示しましてにょ サザエを殻から引っ張り出してわしとこへ持って来てニヤニヤ笑うのですにゃ 義母にバチキ入れられてましたのにゃ いくつになっても女は女ですにゃ とっくに亡くなりましたが懐かしいですにゃ 疲れて寝ているのに朝の6時から豆腐屋のおっさんが軽トラでバンバン音楽鳴らしながら来たのには閉口しましたのにゃ 翌日はフェリーで九州に渡りましたのにゃ
 孤独のグルメでしたかにゃ 伊予松山のさかな工房丸万には行ってみたいですにゃ 写真のように目の前が魚だらけ 蟹はもちろんありますのにゃ 伊勢海老もあるかもしれませんにゃ まうまうにも投稿しましたがふたたび
 f0056567_14442877.jpg
 日本人が牛肉を食うようになったのは文明開化のあとである どんがらでかい西洋人を見て驚いたおっさんがこれではこいつらと戦争になったら勝てないと編み出したのが牛鍋である わしが子供の頃でも牛肉は高級品で親戚のおばちゃんちで日曜日に食わせてくれるすき焼きはめちゃんこご馳走であった キハダマグロの刺身が70円であった時代にオヤジが1枚200円のステーキ 家族は鯨のステーキであった 給食も鯨 米国が鯨を食うのを非難するがなにをおっしゃるうさぎさん ペリーが浦賀に来た理由のひとつが浦賀と函館に捕鯨基地を作るためであいつらは油だけ取って捨てていたが日本人は筆にして髭まで利用していたのである 日本人のことが大嫌いなショーン・ペンがパトロンのシーシェパードがノルウェー船を襲わないのは一度ボコボコにされたことがあるためである ポール・マッカートニーが野蛮人の人食い人種と罵ったがどっちが野蛮かは怖ーいにーちゃんたちに講義する予定であったが訳あって流れた 万葉集の巻頭に長歌を詠んだ雄略天皇にもその疑いがあると誰かが書いていたが人食いなら中国人に言うがいい 孔子は弟子の子路の肉の塩漬けを見てもう食うのをやめようと言ったと論語に書いてある
 紀州が産んだ碩学で異能の持ち主の南方熊楠は一布衣であった それに比べると柳田國男(行動派R)は官僚であったが熊楠を尊敬し喧嘩別れするまでは神社合祀令に反対する熊楠を蔭で支援した 田辺まで熊楠を訪ねたとき人に会うのが嫌いな情緒派Zの熊楠は頭まで蒲団を被って応接した 同じ情緒派Zの昭和天皇にご進講する前 昭和天皇に挨拶され感極まって落涙したという 柳田が書いているが東北の田代島であったか猫島として知られる島には犬を持ち込むのは禁じられているらしい 柳田はその理由は禍々しくて書く気がしないと言葉を濁しているが墓を掘り返して屍肉を食らい猫を襲って食うためである 熊楠の記念館にはまた行きたいと考えている 愛用のめがねが味があってよかった 顕彰館と旧居も見に行きたい オヤジんちは雑賀一族に関係のある紀州のク士なので熊楠は大好きである 田辺新地には熊楠が足繁く通った料亭が今もあると聞く
 
 ガーデンズわず カード取り上げられてお車で待つよりなかったので何を買ったのかまったくわからないのですにゃ 吉野の弥助鮨の出店があるので寄りたかったが怒られましたのにゃ ゴルフRくん 行きはノーマルモードで行ってみましたのにゃ フツーでしたにゃ 帰りはいつものレースモードにしましたのにゃ エンジン音から排気音から走りから何から何まで過激になりましたのにゃ DSGが勝手にやるシフトダウンでも演出が過剰なくらいエンジン吹かしますのにゃ 俳句の「諷詠」が来年記念式典をやるので来てくれと言っておりますのにゃ ちと太って着てゆく服がありませんのにゃ それ以前に会とか式は嫌いですのにゃ おばはんお金くれないしですにゃ
posted by めいちま at 07:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: