2018年07月29日

7月29日 日曜日

 喉の違和感と首と肩の凝りに先生なら何を処方しますかと精神科の部長先生に聞いたらわしにだったら半夏厚朴湯 若い人にならデパスの0.25rを朝夕とのことであった 色々組み合わせて患者さんの苦痛を取る それがプロというものであろう
 起きたなう 昨夜の風でベランダの植木鉢ちょっとだけ散乱 快晴 あぢいのにも馴れてきたですにゃ
 おばはんと交渉しましたのにゃ 一緒にお風呂入ってくれることになりましたのにゃ ただし月に1回 おばはんがもういいよと言ってから入りますのにゃ(ノД`)
 わしが色紙を送った店 神戸吉兆リーガロイヤルホテル店(女将さんから電話あり) 近江長浜鳥新(飾ってある) 晦庵河道屋(電話あり) 浅草弁天山美家古寿司(べっぴんさんより電話あり) 花錦戸(礼状とまつのはこんぶ) 美々卯(社長より礼状) とん蝶の絹笠(社長より礼状とお菓子) 大正のつるや食堂(電話あり うちの患者さん) 出屋敷味楽園(音沙汰なし) 大市(音沙汰なし) 太政(電話あり) すし萬波沙酢芦屋(たいして喜ばず) 高麗橋本家柴藤(社長より礼状) 高麗橋与太呂本店(音沙汰なし) あとは忘れた
 大阪の本家幸寿司と大正区三軒家西の福寿司がなくなってから関西にうまいにぎり寿司はない きっぱり
 めいちまにアンリシャルパンティエのフィナンシェを食べさせようとしたらおばはんにバチキ入れられましたのにゃ(ノД`) 別の話で「アンタは気が利かん」うんぬん やっぱり情緒派は気が利かないのですかにゃ 女性が喜ぶ気の利かせ方をするのは行動派ですにゃ ただしあいつらはただのスケコマシですのにゃ また別の話 時代劇なら歌舞伎役者の右に出る者はいない立ち居振る舞いが違うと言ったらおばはんも頻りに頷いていましたのにゃ 
 日本が戦争に負けたとき在日朝鮮人が集団で日本人に殴る蹴るの暴行を加えた これを見て立ち上がったのが山口組三代目組長の田岡一雄 抜刀隊を組織して散々に打ち懲らした お蔭で神戸と大阪は平和になった 関西人は山口組に恩がある 暴力団と忌み嫌う前にひと言礼を言うべきである
 ダメだ 芍薬甘草湯でも肩凝りが治らない 麻杏薏甘湯はないので教授くんに任せるしかないですにゃ
 日本人離れした歌唱力 浜田麻里 デーモン小暮閣下
 偏頭痛の人の35から50%がマグネシウム不足 マグネシウムが不足すると便秘にもなりやすい
posted by めいちま at 03:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: