2018年07月09日

7月9日 月曜日

 修行が足りない情緒派Zのレッドカード退場事由 @浅薄な知識を振り回しその場の雰囲気を読まない軽薄な行動A同じ情緒派Zでもわたしは違うという数次に及ぶ投稿(自覚のないところに反省なし)B兄さんは野菜が不足しているからみゆきの姐さんに送ってあげてーと投稿(そんなに心配なら自分が送ればいい)C自分のタイムラインでのこれみよがしの批判D他人の妻に対してブースーかもしれない発言(非常識極まりない無思慮な発言)E電話して病気の相談に乗ってもらったことに対して少しでも感謝の気持ちがあればこれらのことは起こらなかった 以上情緒派Zのよくないところが矯正出来ていないことからより一層の克己修養を必要とするものとする 東風荘のときもお代官さまはポンチーばかりするから遊ばないてなこと言ってたけどどうせそれだって自分の意見なんかないから誰かが言ったことに感化されて付和雷同してただけでしょ 
 フォルクスワーゲンドイツ本社にマフラーの件 もうすぐ死にまんねん最後のお願いを聞いておくなはれとメールしただ\(^O^)/
大好きな夏にはすばらしい思い出がいっぱい 中2の夏休み阪大の家庭教師がキャンプに行こうと言う 向かいの煙草屋のおばちゃんの奈良の山奥の親戚ちの目の前の河原でやれてなことになって夏休みの宿題をぜんぶ持って行った ぼちぼち寝ようかというとき枕元でピチャピチャという音がする 見ると水がテントの中に流れてきている あれ さっきは水なんかなかったよねとわしが言うと家庭教師のにーちゃんが慌てて外に出ろと言う 周囲は既に暗い 出ると目には見えないが水が迫る気配がする 急いで家のあるところに這い上がって振り返るとテントがなかった 親戚ちで泊めてもらうことになったがにーちゃんはもうちょっとで死ぬところだったかも知れない恐怖と間一髪で助かった喜びとで興奮していたがわしは鈍感なのか何も感じなかった 少女わいせつの常習犯でのちに捕まることになる担任の教師は最初信じてくれなかったが宿題のことは不問に付してくれた これを水に流すという
中3の夏休み オヤジの同級の先生と比叡山ホテルで一泊することになった 先生ちには高1のおねーちゃんがいた だあれもいないプールでふたりっきり 初めて会ったのでお互いなーんも話さない やがて彼女がプールから出ようとするので太ももみょにすがりついたら彼女は向きを変えてその場にしゃがみこんだ 頭の中にはプロコルハルムの「青い影」が流れていた 青春だったんだなあ
今度仔猫を見つけたらおまえには絶対触らせへんとおばはんに言っていたら最初は笑って聞いていたがそのうちムキになって来て「めいちゃん おとちゃん仔猫来たらごはんからトイレの掃除から爪切りもぜんぶしてくれるねんて」と奥の手を出して来た 猫に関しては金輪際譲る気はないらしい
 行動派Qの義父は美食家には程遠い人であった 肉は下痢をすると言って食わなかった でもって伊勢海老の中納言に3度ばかり連れて行ってくれたが所謂尽くしでどちらかというとまずい部類に属するのでわしは辟易していたがもういいとは言えなかった 伊勢海老なら鳥羽の漣か志摩観光ホテルのラメールかステーキハウスロイン或いは神戸吉兆かすし萬に取り寄せてもらうのがいい 帝国ホテルのジャスミンガーデンでもいい 尾崎の山吉という寿司屋は懐かしいのとワタリガニがあるのでまた行きたい
 田村のおっちゃんはあっちで美香たんたちの写真に古い女たちとコメントしていてわしもやりたいが怖くて出来ない
 なんべんゆーても一緒なれど夏は大好きなのでクーラーなんかほとんどかけずにパンツ一丁でウロチョロしている 誰にも会いたくない理由のひとつでもある
 きょうは既におばはんに5回ぐらい「バチキか」と言われている ご機嫌がうるわしい証拠でなによりである
 メールなんて便利なものがなかった時代944ターボSがかったるいので改造していいかとドイツのポルシェ本社にファクスしたら絶対にしないでくださいと返事が来た フォルクスワーゲンドイツ本社に送ったメールの返事がまだ来ないということは車内で調整しているということだろう メルケルのおばはんにメールするという手もあるがさすがにやりすぎだろうからやらない
 「かーたん すし萬に伊勢海老頼んでええれしか」「頼まんでいい」こーゆーやりとりなら一日に100回ぐらいある 
posted by めいちま at 04:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: