2018年07月05日

7月5日 木曜日

 芦屋に住んでいたある日曜日 しょんべんばちびりたいと思っていたがなぜかその日はすぐにトイレに行かなかった 満タンになって行ったらしょんべんば出ない 医者だから あ 急性前立腺炎になったと思ったが抗菌剤がない 出勤するまでの辛抱だ したくても出ないのだから蒲団をぬらす気遣いはないとオヤジに電話しなかった 翌日オヤジがバルーンカテーテルを入れるときいずれ改めて書くが嫌な感じの看護婦が来なくてもいいのに付いて来た 女性は尿道が短いからたいしたことはないが男は飛び上がるほど痛い バルーンを左手に持ちながらまともな服は着られないのですっぽんぽんの上にバスローブを着て診察をした そんなときに来なくてもいいのに産経新聞の担当者が原稿の依頼に来た ネタなら花盛りである そのことを書けばいいのに2度目に追い出された直後なので笑いを忘れていて愛国心について書いた 担当者には不評だったが金美齢さんからお手紙をいただいた 抗菌剤も飲んでいることだし3日で抜いてもらったらやはりしょんべんばちびることが出来ない 仕方がないからオヤジの知り合いの住友病院の泌尿器科の部長のところにゆくと先っぽが水道みたくひねるとジャー式の短いが太いのを突っ込まれた 激痛の余り体が硬直してなかなかパンツが履けずにいると看護婦さんが笑いながら「もうパンツは履いていただいて結構ですよ」と言う わしだって粗チンを見せびらかす趣味はないが身動き出来ないのだよと説明した 肉腫のオペのときも目印のために尿管にステントを留置するとかで矢鱈に元気な泌尿器科の先生に入れて出すの2回やられた あれはもう懲り懲りにゃ 元気な泌尿器科の先生どうしてるかなと聞いたらがんでお亡くなりなったとのこと わしより先に死んでどないすんねんと悲しくなった
 ひかるのおっちゃんとわしが組めばずくの魅力全開のビデオクリップ出来ると思うだにゃ 監督と選曲はわしにゃ おばはん怖いにゃ
 学生時代極真カラテを習っていた 金沢の今泉?というところに道場があった 浜松のKくん 秋田のTくんと3人で通っていたが所詮体の大きい奴には勝てないということがわかってやめた 最近ではスティーブン・セガールが修行を積んだ大阪は十三の天心道場で合気道を習っていた 天心道場の前は吹田にある大阪合気会の本部道場までポルポルくんで行っていた 途中の料金所に直接お金を投げ入れるところがあったが左ハンドルだとなかなかうまく入らない ホームセンターでバケツと棒を買って柄杓を作って窓を開けて入れるのに成功したがおばはんに¢( ・・)ノ゚ポイされたのでない 肉腫になっていることがわかって合気道はやめた 
おばはんが「アンタ おとーちゃんに猫持カレーでも作ってあげたら?」 やったー 希望者多数で冷凍してバスマティライスとセットにして送ってたのが復活するかもにゃ 材料揃えるのが大変にゃ
おばはん サザンのベストがほしいと言うので2枚注文したなう スーパーオートバックスの大野山親方がくれたキムチまいうー ごはんが進むくんだにゃ\(^O^)/
posted by めいちま at 00:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: