2017年10月10日

10日10日 火曜日

 きのうは将棋から帰って取り寄せた美々卯のうどんすきを食って早々に寝たら早々に目が覚めたなう 3時12分 かなんなしかし 本日はガーデンズうぃる
 すきやばし次郎は電話が繋がらない 京都の初瀬川があったころなら紹介もしてもらえただろうが今はない 神戸吉兆からなら予約が取れるかも もっとも東京までゆくのがとてつもなく面倒 てんぷらの是山居?にも行ってみたいけどね 初瀬川は次郎の恩人らしい 小渕恵三さんが生きていたら確実に紹介してもらえたね
 人間いつかは死ぬと思うから憂鬱にもなるわけである日突然極楽浄土に行けるよーになっとると思えばいいだね
 すし萬にどこのおひつを使ってるのか聞こうとして電話したら本日は代休日らしい ファクスしてくれるよーに留守電入れておいた
 ガーデンズわず 越後の心亭で梅ちりめん おかか おぼろ昆布 鳥そぼろ 紅鮭を買い梅の花の豆のしずくを飲みながらスバルくんで待機してたわず 運転すんのん面倒になって来ただ
posted by めいちま at 03:23| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
小生も酒井プロとの飛車香落ちの一戦で、石田流に組み上げ、開戦は5五歩からつっかけました。
我ながら、じっと落ち着いた好手やと思ってました。
将棋世界のプロ同士の対局解説では、「この忙しい時に、じっと4六歩と突き出します。とか、3五歩は力をためた落ち着いた好手」とか、よく見かけます。渡辺竜王も、「直ではなく、次に厳しい手が、良い手です」と言うてはります。
感想戦では、5五歩は緩手です、すぐに4五歩と開戦されたら上手は受けきれませんと、指摘されました。「駒落ちは、上手のハンデイがあるので、玉を囲ったら、果敢に攻めたら、絶対に下手が勝ちます」とのこと。
しかし、小生は、過去4戦は二枚落ちで破れ、今回は、飛車香落ちで破れました。途中までは、私が断然有利やと形勢判断していました。しかし、つらつら思い出すと、対局後の酒井プロの講釈も、ほぼ一緒や。これはビジネスtalkやと、はたと思い浮かびました。指導将棋の深淵を覗きました。
Posted by at 2017年10月10日 12:56
名前を書き忘れました
Posted by スギちゃん at 2017年10月10日 12:58
あきまへんか 下手全敗でっしゃろか あの手この手で来はりますからねプロは 6枚落ちで負けたこともあります
Posted by 猫持 at 2017年10月10日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: