2022年01月07日

1月7日 金曜日

 起きたとて 今宵は七草粥楽しみとて大好物とてわしんちの京都守護職は初瀬川さんやったとてすべて手配してくれたとて今はないとて箱根の三井さん松下幸之助はんと繋がったのもここら辺りからとて千年の都(軽く千年超えておるとて)刮目すべしとて湯葉半の若旦那のことを京ぼんと言って親しんでおったとて中村楼の女将はおかんの同級生とて
 弟子の亀鳴くん(Yisi)に芦屋メツゲライクスダのソーセージを段取りしたとて変わり種のは気が向いた時に作るそうとてフツーのでもドイツ顔負けの味とて15分火を通す必要があるとてビールかワインに合うとてビールにはビアシンケンとて今回は割愛
 150213825.jpg
 IMG_5186.jpeg
 病名を当てるのではなく病態原因を探るべしとて
 岸田総理の聞く力の余裕がわしのメールにもあれば@漢方のガイドラインを作る(1時間もあればじゅうぶんとて)A印刷して都道府県の医師会に郵送またはメールに添付B都道府県の医師会からすべての医者に配布Cツムラ クラシエ 小太郎などに供給の段取りをしてもらうDコロナの病名があれば保険で通す等々ちゃーんと考えてまんねんとて
 桑原武夫先生やないとてわしもアホは嫌いやねんとて知性派Aがどーたらといつも言っておるとてAの河原先生に原ゴンと仲良しなのは頭がええからとて頭のよくないAくんはメールも住所もすべて削除したとてわしからは連絡出来なくしたとてこれまたAのおかんも言っておったとてアホと関わると起こらなくてもええことが起こるうんぬんとて
 西郷どんはがっしりとした体型の大男やったとアーネスト・サトウ(ドイツにサトウという土地があるとて)は書いておるとて島津左仲と名乗っておったそうとてわしの知る西郷どんの直系の子孫は優男やったとて京都に較べて歴史のない東京の新政府は必死のパッチやったそうとて大坂(おおざか)の料亭に招かれて行ったら茶を運んで来たのがぶっさいくなおばちゃんでがっかりしたそうとて薩摩の松木というのが後の寺島宗則とて三井姿子さん行動派Pの父親とて三井さん麹町の本宅を処分したときの所得税が35億と言っておられたとてビビったとて
 クロネコから電話 宮内庁の職員が荷物を検めて受け取り拒否とのこととて着払いでわしの本が帰って来るとてこれやから役人はあかんねんとゆーかわしのうたはお上には刺激強すぎるのかもしれんとて残念とてクロネコのおばはん人の話を遮り一方的に喋るとて知性派の特徴とて教育的指導をしておいたとて 禍福は糾える縄の如しとて人間万事塞翁が馬とて おばはん大笑いしておるとて(#^.^#)
 阪神梅田本店にて19日より全国の駅弁予約受付中とのこととて
 これオススメするとて仕事が丁寧 パサパサしておらずポロポロ崩れないとて良質なバターの風味濃厚とてよくわからんとて独特の隠し味が絶妙とてビスケットでこれなら上等とてわしは阪急のオンラインで注文したとて猫の形のクッキーも頼んだとて
 R.jfif
 愉快千万也矮子看戯の徒輩自ずから去るとて
 散々無理を聞いてやりオヤジが六十四歳の長きにわたり大量に買ってやった薬屋の連中オヤジが閉院したら蜘蛛の子を散らすが如しとて死んだとて誰も顔を見せず人間観察眼に勝れた情緒派Zのわしはあやつらの性根夙に見破りたればまともに口を利きたる覚え無是とてそーゆー意味でもツムラに儲けさせて翻弄すべしとて
posted by めいちま at 12:49| Comment(0) | 日記