2020年12月15日

12月15日 火曜日

 起きたなう 昨夜寝る前に「味の味」を読んでいたら東京の老舗洋食屋煉瓦亭に仔牛料理があるそうですにゃ 東京に行ったら行かないと 本日は出雲大社勧農祭や浅草のガサ市(注連縄市)などなどの日ですにゃ 
 ようつべのおっさんひとり旅で言ってましたが鰹は高知より土佐久礼のほうが断然うまいらしいですにゃ 市場で買えば料理もしてくれるとか うちなーの牧志公設市場と同じですにゃ どっちも行ったことないけど
 鱒の缶詰屋に電話したら塩が入っているうんぬん おいおい それなら鮭と変わらんやんけ わしゃ川鱒が食いたいのだよ 塩焼きもやめてね 折角清流で養殖しておきながら塩を入れる意味がわからんわ
 Netflix腹立つわー NHKもそうやけど番組ごとに木戸銭取ったらええやんけ わしは誰かさんみたく金も払わんのに大相撲観たりしてへんからな とゆーかおばはんも一切観なくなりましたのにゃ 駄菓子菓子 麒麟が来るだったっけ DVDになったら買おうかな
 主治医より電話がありすぐに整形外科への院内紹介状を書いてくれましたのにゃ 駄菓子菓子 整形外科の受付のおばちゃんと泌尿器科の受付のおばちゃんが固いこと言うのよねえ ほんまに融通効かんな女は ビョーキが悪化するわ いやほんま 同じ大学の医者が紹介状書いて整形外科の医者にもむかし診てもろてたのに何があかんねん
 慢性の腎臓病の人には植物性タンパク質に延命効果あり 進行を遅らせる効果もあり 英語の論文をわしが読んで要点のみ和訳してますのにゃ 食い物の話はほとんどがそうでハーバード大学の論文が多いですにゃ 
 主治医に何か言われたのかな 某診療科の受付のおばちゃんより電話 打って変わってめちゃんこ丁寧 あしたの予約取ってくれましたのにゃ<(_ _)>
 胃潰瘍であった永井荷風は晩年毎日大黒家に通いカツ丼 お新香 酒一合ばかり飲み食いしていたそうですにゃ 家では五目炊き込みご飯を自炊し割り箸しか使わず薪の代用にもしていたらしいですにゃ 昭和34年4月29日 昼に大黒家でめし食った夜に大量の吐血と心臓発作で死去 翌朝お手伝いさんが発見
 ガソリン&コンビニ&ガーデンズ&獣医さんちわず 阪急で小松昆布 鰯がなかったので鰺の刺身 肉屋のねーちゃんがいちばん脂の少ない赤身のヘレステーキを選んでくれましたのにゃ 三田屋のローストビーフ売り切れ RF1でローストビーフとクレソンのなんちゃら アイスデリでローストビーフ2種 ねーちゃんにソースはいらんからホースラディッシュ多い目にくれと言ったらおばちゃんがお金掛かるってゆーときやとねーちゃんに言うのでちゃんと払うからと答えておきましたのにゃ 出汁巻き玉子の店で葱と生姜入りのハーフ 帰りの横断歩道 みんな渡ったことを確認し行こうとしたら無灯火のチャリのねーちゃんが突進して来て間一髪 窓開けて怒鳴りまくりたい衝動に駆られましたが車の中で言うに済ませましたのにゃ めいちまが少しでもよくなるよーにサプリをもらって来ましたのにゃ
 自分は家に居ながらにして関係のないことで主治医を2度も扱き使ってしまったので奥さまに一筆認め太政でてっちりの段取りをしましたのにゃ てっちり てっさ 湯引き 野菜セットふたつ ひとつは木綿豆腐 ひとつは絹豆腐で 鰭酒用の鰭2枚にちり酢2本ですにゃ わし亡き後おばはんが便利で生きやすいよーに良好な人間関係を築いておかないとなりませんのにゃ
 そうそうガーデンズの阪急の日本の味コーナーに大市のすっぽんスープがありましたにゃ スープのみでしたがおばはんに怒られて買わず 老舗も逼迫して来たのかな まああれだけ通っても一見さん扱いの店ならしゃーないわな 
posted by めいちま at 06:57| Comment(0) | 日記