2019年12月09日

12月9日 月曜日

 神戸大&ガソリン&ガーデンズわず おばはんにドトールで待っていてもらい造影CT 順番を待っていたら看護助手のねーちゃんが「沢村淳さま 沢村淳さま」と言いながら来ましたのにゃ わしを含めて8名ほどいたけど誰も答えず もしかしてわしかと思い「あんた ここにおらん人の名前なんぼ呼んでも誰も答えられへんで」と言ったら案の定わしでしたのにゃ 撮影前に技師のにーちゃんが「ただいまから撮影を開始します」とアナウンスするのが電車の車掌とそっくり なんやおかしな具合やなと思ったもののそうか神戸大もついに笑いと免疫力について工夫するよーになったのかと思い直しましたのにゃ キムラでリンゴ 小松菜 パイナップルのジュース 柿 苺 阪急でナッツ ミックスフルーツ 焼き芋 おばはんのカートに美々卯の半生そばと道頓堀今井の出汁を入れようとしたら怒られましたのにゃ 松葉ガニは当然却下 魚屋の刺身は懲りたのでなし 珍しく残っていたので大寅のちぎり天 その他諸々我慢して買わず 丸福でアイスコーヒーをゲットせり
 ガーデンズの帰り すぐ近くに一度も電車が走っているところは見たことがないけど一応踏切がありますのにゃ 対向車線のおばはん 踏切に思いっきり車体を残して信号待ちしてましたのにゃ( ̄0 ̄) 距離感ないんかーい
 子供の頃から思っていることですが神戸はいい町ですにゃ 大阪みたくセコセコしておらず時間が止まっているみたいですにゃ 備中笠岡の親戚んちもよかったですにゃ なんでもかんでも立派やったらいいというものではありませんのにゃ 祇園だってあの町並みを守れなくなったらダンナ衆は減るでしょうにゃ
 ガーデンズ辺りに10割そばを売っているものなのかどうなのか 美々卯の半生そばを見つけいつもある道頓堀今井の出汁で夜中に腹が減ったら食ってやるべえとそばの包装紙を見たら鍋に入れて茹でて下さいと書いてありましたのにゃ いやいや そらフツーは鍋に入れて茹でるやろ 何分茹でるとか目安はないんかーい 結局おばはんに却下されたからいいよーなものの今度うどんすきを頼むことがあったら言っておきますのにゃ
 バタバタしていて書き溜めてあったものを使ってもらっていましたが漸く「ねこ新聞」の原稿を書きましたのにゃ 勉強でも何でもそうですが最初は嫌々書いてるんですが慣れというものは不思議なもので書き終わったらそれなりのモノになっていますのにゃ うたまでは面倒臭いので太田道灌の本歌取りにしましたのにゃ ずびばせんねー
 先師山本夏彦は猫持さん 文士の寿命はおよそ10年 登り詰めるのに3年 維持して3年 下り始めて3年という意味ですにゃ 世に出るにしてもあんまり目立たないのが最善で下手をして芥川賞とか直木賞を取ったりしたらそもそもが短歌なんぞにはほとんど目もくれない小説の世界 芸能人みたく一生やめられませんのにゃ 一度依頼を断ったら二度目はなし セネカは隠れて生きよと言いましたが平々凡々なのがいちばん幸せかもしれませんにゃ
posted by めいちま at 17:56| Comment(0) | 日記