2019年10月26日

10月26日 土曜日

 起きたなう そう言えば京大から何の返事もありませんにゃ セカンドオピニオンがないのかもしれませんにゃ 来月早々オヤジの病院のお供 あーあ やんなっちゃうね あーあ 驚いたですにゃ 学会でこっちに来られる先生方は居酒屋がいいのですかにゃ 専門医の点数だけで帰る人は大阪で軽く食ってお土産をオススメしますのにゃ 神戸阪神間大阪の情報を仕入れなければいけませんにゃ 
 来年の神戸の泌尿器科学会に参加予定の先生方にオススメのお土産 新幹線に乗ればとゆーか新幹線に乗ることが出来る人ならノープロブレムで持って帰ることが出来ますにゃ @昼新幹線夜自宅の人→美々卯のうどんすき すし萬 とん蝶 A夜新幹線深夜自宅の人←すし萬 とん蝶(当日限りと書いてあってもノープロブレム) 鰻はやはり店で食うのがいいので本家柴藤はオススメしませんにゃ 結局乗り換えることになる新神戸からではなく新大阪から乗ることを前提にしていますのにゃ お菓子とかは京都で学会があるときにしましょうにゃ 堺のかん袋のくるみ餅まいうーだけど百貨店にありましたかにゃ 上に書いたものはすべて百貨店にもありますにゃ
 かん袋のくるみ餅はこんな感じ やっぱり堺に行かないとないみたいですにゃ さすれば知らない人に買いに行けというのは不親切でわしが買いに行って車か新幹線で影山先生 渡辺しゃん 鈴木先生などに手渡すのが礼儀ですにゃ 新幹線で行くのならすし萬追加 車なら美々卯のうどんすきも追加になりますにゃ 美々卯は宅配のほうが賢明ですにゃ
 おーい 影山先生と鈴木先生やーい リーガロイヤルホテル大阪にお泊まりならすし萬のお土産段取りさせていただきますのにゃ おばはん怖いけどこれくらいのことはねえ・・・・ 神戸吉兆リーガロイヤルホテル店は堪忍しておくれやす
 おばはんがベランダでお花のお手入れなう 先っぽに丸いのが付いた耳も尻尾もある猫の毛糸の帽子を被って俯いて作業していたのでわしの部屋の窓を叩いたらこっちを見上げましたのにゃ 改めておばはんの美しさを知りましたのにゃ( ̄∇ ̄) 善哉 男は50ぐらいのほうが貫禄出るけど女はみんな20歳で時間が止まればいいのにねえ
 奈良にうまいもんなしと奈良県民自らが謙遜しますがやはり1000年の都 なんぞ名物はあるかと聞かれて困らないのは京都 奈良も地味ながらなんとかなりますにゃ 大阪神戸はハタと考え込みますのにゃ やはり登録商標しか見当たりませんのにゃ 美々卯とすし萬を選んでいるのはそれも大きいのですにゃ たこ焼きはめしにもお土産にもなりませんにゃ そんなもん食いに連れて行くのは失礼ですにゃ 551の豚まんとかは匂うので新幹線は気を遣いますにゃ
 大阪 名物で検索したらコッテコテの大阪名物を紹介するサイトに辿り着きましたのにゃ 誰がそんなもん食いたいねんとゆーかかに道楽の看板は有名やけどかに料理は大阪名物とちゃうし おまえかに道楽の回しもんやろ 
 アピシウス 織田有楽斎に因んだ有楽町 ドレスコードがあるみたいで行く気はしませんが西ドイツで知らずに注文して初めて食ったウミガメのスープがあるのはここぐらいじゃないですかにゃ 西ドイツのイタリアンの店で食いましたが器にウミガメの絵が描いてありましたにゃ 亀はうまいということを知って大市にも抵抗がありませんでしたのにゃ
 芦屋の土山人がなくなるそうですにゃ まああのロケーションならねえ 巻き寿司うまかったのにねえ ソバ屋ですにゃ
 ルポンドシエル 大林ビルそのものを買い取ったみたいですにゃ こんなに立派になる前は何度か行ったんですが大阪を代表するフレンチになったようですにゃ レストランアラスカはどちらかと言うと垢抜けない名店ということになりますかにゃ
 アラン・デュカス 本場パリではミシュラン☆☆☆のレストランふたつで君臨していますが日本には銀座と大阪にお菓子の店を展開して様子をうかがっているみたいですにゃ 
 トランテアン ポートピアホテル わしが神戸に泊まるとしたらここですにゃ 代々フレンチには力を入れていてアラン・シャペルの頃はよく行きましたにゃ ここもパリのミシュラン☆☆のシェフを呼んでどーたらこーたらと書いてありますにゃ
posted by めいちま at 13:23| Comment(0) | 日記