2019年08月11日

8月11日 日曜日

 起きたなう 生理現象大小で目が覚めたものの何もかもが嫌になって横になっていたわず 教授くんも幼少期は貧しく患者さんに先生はよろしおまんなお父さんがお医者さんで何の苦労もなしでと言われたら激怒すると言ってましたがわしは彼みたく大声を出したりはしませんが激怒するのは同じですにゃ われわれの仲間でそーゆー連中は教授くんやわしなんかとはレベルが違うのですにゃ その教授くんとも病気で差が付いてしまったなあとか考えていたら嫌になって来ましたのにゃ 世は夏だというのにねえ
 わしの人生の物語は軽く一冊の小説になるでしょうがわが家の恥を晒すことになりますので書けませんのにゃ 端的に言うと離婚させられてから本当に楽しかったむにゃむにゃが終わり職場から追い出されて人生が終わりましたのにゃ 1年しかいなかった息子に関しては1年だけの思い出ですにゃ がんになったのはオマケみたいなもんですにゃ たったこれだけですにゃ
 教授くんは漸く夫婦揃って夏休みでとりあえず墓参りに行くと言ってましたにゃ 彼んちは平凡なとゆーかごくフツーの家庭なので律儀なもんですにゃ わしなんかもう何十年も墓参りなんかしたことはありませんのにゃ おかんがそんなもんなんで行かなあかんねんと言ってたのでおかんが死んでからオヤジが頻りに墓参りに行きたがるのですにゃ おかんの話を聞く限りオヤジの親もよくないですがオヤジは親の死に目にも合ってませんのにゃ
 わしんちの子供の頃の到来物と言えばハム カルピス 風月堂のゴーフル マロングラッセ カステラ 牛肉の味噌漬け 西京漬け 奈良漬け そうめん 冷や麦 泉屋のクッキー等々ワンパターンでしたにゃ おかんなんかよくまたかと文句言ってましたがもらって嬉しかったのはカルピスに泉屋のクッキーに五色のそうめんか冷や麦でしたにゃ 
 51bdLHC7h2L.jpg
 今更言っても詮無きことですが植木等の♪金のない奴は俺んとこへ来い俺もないけどどうにかなるさでしたかにゃ わしよりは金がないだろうと思って色々してやったのにわしをブロックしている誰かさん 実に怪しからん男ですにゃ もっとも世の中感謝することを知らない奴ばかりですのにゃ ちょっと前まではわしもそのひとりだったので偉そうなことは言えませんのにゃ 彼の立場に立って考えれば色々してもらってもお返しが出来ないのが心苦しいということになりますかにゃ それなら彼を許しますのにゃ
 義父がよく寒川 親が医者でない医者はあかん 金のことしか考えてへんと言ってましたのにゃ 義父の言った通りですにゃ 誰かとは言いませんが工面して持って行った貧者の一灯を当たり前の如く受け取るのはちょっと考えられませんのにゃ とゆーか女とめし食いにゆく金ぐらいは自分で出せと言いたいですにゃ 後輩に集ってどないすんねん
 子供として親には愛情があるとゆーことは否定しませんのにゃ あんな母親でも会いたいと思いますのにゃ だったらどうしてわしにあんなひどいことをしたのかという疑問が残るのみですにゃ わしの息子にも同じ思いをさせているのかと考えると内心忸怩たるを禁じ得ませんのにゃ 息子よ許せオヤジには今金がない
 考えてみるとおかんがわしにあんなことやこんなことをしたのは大事な一人息子を他の女に取られたという嫉妬だったのかもしれませんにゃ 子供の頃おかんとは大の仲良しでしたのにゃ
 前回おばはんと筑後柳川 薩摩知覧 肥後五木 豊後竹田等々九州2泊3日の旅をしたのはにゃん吉が死んだ直後なのでもう20年前になりますにゃ めいちまを置いて1泊なんて考えられないのでパラオに行くのもいつになるやら めいちまには長生きしてもらいたいですしオヤジは当分の間はだいじょうぶでしょうが肝心のわしがいつどうなるかわかりませんのにゃ 旅先で激痛に襲われるなんてことは御免蒙りたいのですにゃ 駄菓子菓子 わしの大好きな熱帯なのでパラオには最低ビジネスクラスは奮発して行きたいですにゃ ロブスターと蟹があればじゅうぶんですにゃ あとは現地の焼きめしでいいですにゃ まあここも2泊3日で飽きるでしょうにゃ
 わしが子供の頃はとんかつなんかなくビフカツでしたのにゃ 関西でとんかつというとKYK とんかつ一番にまい泉ぐらいですかにゃ まい泉は東京の店かもしれませんがおばはんが神戸大丸で買っていたので覚えてますのにゃ わしはカツとかフライとかてんぷらが嫌いだったのでとんかつ食った記憶なんかほとんどありませんのにゃ カレーにとんかつが載っているだなんてあり得ませんでしたのにゃ 例外的に好きだった海老フライもカレーに載っているのを海老カレーと言わないで欲しいのですにゃ
posted by めいちま at 13:22| Comment(0) | 日記