2019年07月26日

7月26日 金曜日

 起きたなう なんとなく目が覚めたわず なんだかなあーって気分ですにゃ たった今チャイムが鳴ったので行ったら郵便局でしたのにゃ 間に合いませんでしたのにゃ なんですかにゃ
 昨夜酒屋さんに投函してもらった定形外郵便の切手不足かと思ってポストまで行って来ましたのにゃ またしても社会保険からの書留でしたのにゃ 金返せとゆーことですにゃ 患者さんの健康保険証の有効期限切れでこーゆーことになっとるわけですにゃ 患者さんに電話して保険証を見せてもらい請求すればいいんですがわしではわかりませんのにゃ 昼酒はやめようと思ってましたがアホ臭いので飲みますのにゃ 
 Yisiが教えてくれましたがただいま三重大学主体で肉腫の治験をやっているそうですにゃ 聞いてみたらわしは標準治療(抗がん剤)をやっていないのでダメだそうですにゃ 腫瘍内科の先生がやっても無駄だと強く言うからやってないのですにゃ 主治医もどうしようも出来ないと言っているのに通う意味をKくんじゃないですが今度聞いてみますかにゃ 一部が小さくなった今とゆーか本当に手術出来ないのでしょうかにゃ 前回オペするときにどうせ切腹するんだから見るだけ見てくれと頼んだのですがにゃ
 起きたら当会のメンバーが1名減ってましたのにゃ すべての人が親しいわけでもなく他の会では去るに任せており気にしていませんが当会は本丸なのでやはり気になりますのにゃ いなくなったら淋しい人はいますのにゃ 
 ブラジルのポピュラーなカクテルに田舎の娘という意味のカイピリーニャがありますのにゃ すし萬波沙酢芦屋はすし萬とバーのコラボなのですにゃ カイピリーニャは出来るかと聞いたらピンガ(ブラジルの地酒)がないから出来ないと言うので東灘のカーサジカルネブラジリアで1本買って渡しましたのにゃ それから作ってくれるよーになりましたのにゃ わしがキープしているわけではないので注文してくださいにゃ
 われわれの年代になると教授もみんな定年退職していますのにゃ わしの場合外科系の教授が現役で友達なら何でもしてくれたでしょうにゃ むかしと違って仁義を知る医者はほとんどいなくなりましたのにゃ 医師国保0割のむかしが懐かしいですにゃ
 おかんちは直参旗本の家来(侍を辞めてからは天満の八軒家で茶商を営んでましたのにゃ) オヤジんちはハッキリ言ってたいしたことありませんのにゃ(げせんで変換しようとしたら出て来ませんでしたのにゃ これは飽くまでも自ら卑下しているだけで文字通り受け取られても困るので変換できなくて正解ですにゃ) こんなわしんちに素封家の娘さんとのお見合いの話が来るよーになったのは偏におかんが松下幸之助の奧さんと知り合いになったからですにゃ それだけですのにゃ 箱根の三井さんもみーんなそうですにゃ 松下幸之助邸はわしんちのすぐ近くにありSPが3名 24時間立ってますにゃ その意味はわかりませんのにゃ
 たしか買ったはずなのにカップヌードルの大が見つかりませんのにゃ おばはんが¢( ・・)ノ゚ポイしたかナイナイしたかのどちらかですのにゃ(ノД`)
 あしたは夏の土用の丑の日ですのにゃ 生憎土曜日なので本家柴藤では買えませんのにゃ 冬にも土用はありますのにゃ 鰻も爆発的に人口が増加しているどこかの国のために大変なことになっていますのにゃ
 銀座や上野で有名なカレーのデリーに行ったらベリーベリーホットカシミールカレーがオススメですのにゃ 駄菓子菓子 いきなり食うのはどうかと思いますのでまずはフツーのカシミールカレーかカラヒカレーをオススメしますのにゃ 夏だからちょうどいいのですにゃ こちらではイカリにありますにゃ
 img_5347-730x410.jpg 
 こちらで有名なすき焼き店とゆーことになりますとわしの場合真っ先に思い浮かぶのがもうなくなった初恋の子んちのいろはですのにゃ 他にも大阪に有名な店がありましたにゃ 神戸吉兆リーガロイヤルホテル店でもやってますがやはり代表格なのは三重は松坂の和田金ですにゃ 神戸吉兆リーガロイヤルホテル店は取り寄せも出来ますのにゃ 
 すき焼きの元祖ということになると伊賀の金谷も名乗ってますし(伊賀牛という意味ですかにゃ)さっぱりわかりませんのにゃ いずれ京都か大阪かお江戸か横浜のいずれかでしょうにゃ 子供の頃は日曜日のご馳走でしたのにゃ 親戚のおばあちゃんはラード?を好み従妹は必ず鍋にも卵を割ってましたのにゃ わし的にはそんなに好物ではありませんのにゃ 〆にはうどんかご飯がフツーでしたのにゃ ご飯を入れる場合は翌日が多かったですにゃ
 たった今反社会的勢力である社会保険診療なんとかから簡易書留の郵便物が再配達されましたのにゃ 自分たちがいかに正当かという書くのもくだらない内容ですのにゃ
 
posted by めいちま at 12:30| Comment(0) | 日記