2019年02月01日

2月1日

 起きたなう いつもと同じく10時半頃にしょんべんばちびりたくなったのでトイレで「おんくろうだのう うんじゃくそわか」と言いながらちびりまた寝て起きて来ましたのにゃ 午前中というのはわしにとって最悪の時間でひたすら不愉快ですにゃ 新しく買い換えたエアコンがよく効いてほとんど上半身裸で過ごすことが出来て夏みたいで最高ですにゃ 早く夏来ないかなあ さてときょうも原稿一本書きますかにゃ ミッションインポッシブルの新作のDVDが届いたのにおばはんが一緒に見てくれませんのにゃ ひとりじゃ見る気が起こりませんのにゃ 昨夜「アンタは猫さえおったらどないでもなるおっさんや」とおばはんに言われましたのにゃ とゆーことはわしが北方領土担当相だった場合にプーチンが仔猫をプレゼントしてくれたら「ああ あんなもんもうどうでもよろしいわ」と言ってしまうのでしょうかにゃ( ̄0 ̄)
 よしっ 大舘しゃんのぶんは書きましたにゃ 前倒しをしてもらわなければならないのはあと1本なのでもう一踏ん張りしなければなりませんにゃ 今回は20分かかりましたにゃ きょうはもう書いたのでまた別の日ですにゃ ありがとうございますにゃー
 原稿というものはタイトルが決まるまでが大変であるとは前にも書きましたにゃ タイトルを考えるのと同時に何をどう書こうかてなことを無意識のうちにずーっと考えていますのにゃ 短歌は手慣れたもので1分もあれば出来ますが俳句は本当に苦労するしわしの仕事ではないので手抜きだらけですにゃ まあ短歌も最近は手抜きですにゃ そうしないと体を壊しますのにゃ それくらい大変な仕事でむかし江國滋先生に医者みたく立派な職業があるのにどうして文士みたいな因果な稼業をやりたいのか理解出来ないと言われましたのにゃ 今になってよくわかりますが万事手遅れですにゃ
 一例を挙げますにゃ
(推敲前)もみじ饅頭一個くわえて走ってるにゃん吉くんは能登の産です
(推敲後)もみじ饅頭一個くわえて走ってるあの縞々がうちの猫です
 最近ボケているので引用が正しいかどうか自信はないですが実はこの推敲には2年かかっていますのにゃ 2年かけたためにお聖さんこと田辺聖子先生に激賞されましたのにゃ 吹けば飛ぶよな将棋の駒にじゃないですがたいした金にもならない短歌如きに2年かけないとダメなのですにゃ 常に本気を出していたら長生き出来ませんのにゃ
 よっしゃ 頑張ってYisiのも書きましたのにゃ これで前倒しぶんはなくなったので御誕生時のはいつでもいいですにゃ 急いで書いたのは漢方でなんとかなるとは思っていますが抗がん剤治療の副作用が激しい場合はそれこそ原稿どころではなくなるためですにゃ ありがとうございますにゃー
 出版社というところは花形は小説でわしみたく10枚を5枚に5枚を3枚に3枚を五七五七七にするのが仕事の人間にも小説を書けと言って来ますのにゃ 実際みんな一度は書かされますのにゃ 集英社の注文には何とか応えることが出来ましたが更に300枚のを書け 新潮社にも同じことを言われ当時は手書きでおかんからおばはんを守るために戦い疲弊しきっていたので書けずにいたら話が来なくなりましたのにゃ 短歌や随筆は飽くまでも余技の世界ですにゃ だから最近の小説家は文章が下手くそでも話さえ面白ければ売れますのにゃ 今ならわしだって書けますが今度は病気で一難去ってまた一難 これが情緒派Zの宿命ですにゃ 同じ29番のZだと芥川は自殺 井上ひさしは肺がん 藤本義一ちゃんもバタバタと入退院を繰り返し最後はがん 別の番号のZだと三島由紀夫は自殺 お上は畏れ多いので以下略
 山越うどん 讃岐うどんランキング堂々の1位 釜玉発祥の店で讃岐うどんは基本セルフなのですにゃ やや高く300円 綾川町 通販もありますにゃ 600円も700円も取る店は讃岐うどんとは言いませんのにゃ 一昔前は100円でしたが今は200円が相場ですにゃ
 IMG_3683-1.jpg
posted by めいちま at 14:20| Comment(0) | 日記