2018年09月27日

9月27日 木曜日

 明日より入院のため暫くお休みしますにゃ
 県立がんセンターにセカンドオピニオンわず 明石だったのでたこ磯という名前だけ知っている明石焼きの店を思い出しおばはんに買いに行ってもらったらそこそこ混んでいてテレビが取材の交渉にも来てたらしく30分待ちましたのにゃ わしんちから片道40q 京都に行くよりはちょっと近い感じですにゃ セカンドオピニオンは保険がきかず30分まで10800円 以後15分おきに2300円でしたにゃ この前のお電話の女医さん 部長先生でヒジョーに親切でしたにゃ 肉腫には放射線が効くタイプとまったく効かないタイプがあり粒子線を当てたところも大きくはなっていないけど小さくもなっていないでしょ こんなの効いたのか効かなかったのかわかりませんよね 腸管との間にスペーサーを留置しても70Gy程度照射するとなると尿管や血管への影響も避けられません そんなことより今回右のオペされるんでしたらどうして左も取ってくれないのですか 県立粒子線センターのT部長もオペすればいいと書いておられますよね そんなにバキバキに癒着するほど線量掛かってないしたった2pのところに照射しただけなのでオペ出来ないとは思えませんが 仮にオペしてもらえないとしたら局所のことばかり考えずに全身の化学療法などがいいのではないでしょうかうんぬん やけに神戸大のことにお詳しいので聞いたら神戸大ご出身との由 先生それなら先生からひと言言ってくださいよ わたしが言っても耳を貸してくれません わたしは知り合いの先生にお願いして静岡のプロフェッサーからひと言言ってもらうようにしますので先生は放射線が出来ないそんなに癒着していないだろうから左も見るだけ見るようにお手紙書いてくださいてなわけでガソリン入れてただいま戻りましたのにゃ 右は急速に増大していて今なら更に大きくなっているだろうとのことで予定通りオペしてもらいますが左はダメならしてくれそうな先生に心当たりがありますので二度手間ですが退院してからお願いすると同時に化学療法もしてみますのにゃ 九州の放射線科の先生にも退院後画像を送ってみますのにゃ 
 俎板の上の猫のとき麻酔がかかって意識不明になるまでの間なにを喋ろうか考えていますのにゃ あんまし大笑いさせるとオペ中に思い出し笑いをされて手元が狂ったりしてはいけないので全員に話しかける意味でそこそこ真面目でひとつ賢くなる話をしようかと思っていますのにゃ どんな状況に於いてもエンタテインメントを忘れないのがプロというものですにゃ 
 坪やんがわしのために越前の剣神社にお参りに行ってくれましたのにゃ わしのことを占うためにお神籤を引いたら大吉との由 いい友達ですにゃ
 42761181_2144847172508780_1704138041167183872_n.jpg
 42689876_2144841599176004_7687176996601724928_n.jpg
 42713244_2144841622509335_4975290055556857856_n.jpg
 42730955_2144829579177206_2437637499485421568_n.jpg
 42596793_2144841709175993_47584067226435584_n.jpg
 42628022_2144841669175997_4657735815961509888_n.jpg
 本日最後の投稿ですにゃ 左に関しては退院後ドンが教えてくれた先生ち 梅節先生が通院中の免疫クリニックは化学療法もやっているので行かざるべからずですにゃ 人事を尽くして天命を待つ 病気との闘いはいのちの灯が消えるまで諦めないことですにゃ もちろん有希先生に教えてもらったことは続けつつですにゃ 
posted by めいちま at 15:28| Comment(0) | 日記