2018年08月14日

8月14日 火曜日

 「かーたん 比奈夫先生のお菓子一個食べてよい」「あかん」(ノД`) どこにしまってあるのかもわかりませんのにゃ
14時頃に起きたもののなぜか気力がなく金曜日に病院に片道3時間かけてゆくのが不安になって電話してみた 相談窓口の看護婦さんに先日の運転中の激痛の一件を話すと「それなら痛み止めで調整して来てください」 まあ経験しないとわかりません 「わしも医者あんたも看護師なら薬が効かない痛みもあることわかるでしょ」「わかります」てなことになって診察してもらう予定の女医さんに言って来るから折り返しお電話しますうんぬん ふたたび電話 「○○医師はただいま診察中ですからあとで連絡すると言ってます 自分で運転して来るのが心配なら介護タクシーで来てください」 しんどいので痛みに前兆はない しかもどうすることも出来ない激痛で放射線科しかない病院では処置出来ないし周囲に処置可能な病院もない等々と言う元気もなかったので女医さんの電話を待つことにした 案外早くかかって来て「先生実はかくかくしかじかで助けてください」「わかりました オペの日取りも決まっていて痛みがあるのなら態々こんな遠いところまで来る必要はありませんよね」と送った画像を見ながら話をしてくれて「で 紹介した先生は何を知りたいのでしょうか」「一通り申し上げましたが紹介状開封して読みましょうか」「そうしてください」要点のみを読むと「ああ そういうことですか 粒子線を当てたあとは1年ぐらいしてもPETの集積はあるのでそんなに心配しなくてもいいと思いますよ」「先生 やっぱりドクターとお話しできると話が早いですね 感謝申し上げます」と電話を切って一応紹介状を送ってくれと言うのでクロネコを呼んで送った おばはんについてガーデンズにも行けなかったがこの女医さんのお名前を忘れることはないだろう
 しんどいので文中敬語略
 そうそう女医さんとのやりとりで書き忘れたことがありましたのにゃ 「どんなときに痛いんですか」「直腸内圧が上昇したときに痛いんです」「? 便がたまったときということですか」「そうです うんことか言うと汚いかと思って・・・・」「アハハハハ 医者同士だからわかりやすいほうでいいですよ」 この先生フェイスブックやっておられたらいいですのにゃ
posted by めいちま at 00:08| Comment(0) | 日記