2018年08月22日

8月22日 水曜日

 高校野球に興味はないが今回ばかりはおばはんと秋田の金足農業を応援してたのに残念 県が諸々支援すればいいと思う 必ず勝てる スカウトも必要
 入院に持ってゆく本を注文しましたのにゃ 家にもありますがどこにあるのかわからないので同じ医者の山田風太郎の「あと千回の晩飯」「人間臨終図鑑」と「オセロの勝ち方」「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」に歳時記とノートですにゃ 「ねこ新聞」はまとめて書いたので余裕がありますが入院してもいろいろ忙しいのですにゃ めいちまの注射も往診してくれる獣医さんを探さねばなりませんのにゃ めいちまがいるのでおばはんはそんなにお見舞いに来てくれませんのにゃ 病院を変えることになるのでおばはんの検診と投薬もお願いしなければなりませんのにゃ おとちまは大変ですのにゃ
 無花果の皮むいて来たらポトリと絨毯の上に取り落としましたのにゃ めいちまの毛だらけになりましたのにゃ 勿体ないから食いますのにゃ
 天皇の料理番秋山大膳が宮中晩餐会を任されたときに拘ったのはザリガニ 伊勢海老でよかったと思うが当時のパリではザリガニが当たり前であった 越前が生んだ偉人ですにゃ
 義父が医局の教授と折り合いが悪く「わしら医局員は霞食うて生きてると思てはるんや」と名誉教授について言ったよーに月給が薬屋のにーちゃんより低くて大阪の池田で開業したが患者さんが来ずわしが高田言海さんで聞いて来て泉南の尾崎で開業したら急な階段に列が出来る満員御礼 よくオペの手伝いに行ったが学生時代ほとんど講義にも出ず手術器具の名前も覚える気がなく「○○取って」とオペ中に言われてもわかりませんのにゃ それ取ってと指さしてくれればよかったですのににゃ ある日手伝いに行ったら医院が閉まってますのにゃ 電話したらオペがあること忘れておられましたのにゃ 何十万もする短歌全集買ってくれたりあの人も神でしたにゃ 
 墓参りなんか無意味だと思って普段は行きませんがにゃ 世に出たときはさすがに和歌山の山奥と大阪の下寺町の両方に行きましたのにゃ 「猫とみれんと」を雨にぬれないよーにビニール袋に入れてお供えして来たら坊主から電話が掛かって来て「面白かったですわ」うんぬん なんでやねんと思いましたのにゃ
 京都でうまいものが食いたければ上七軒 祇園甲部 祇園東 先斗町 宮川町いずれかの馴染みになって一見さんお断りの店に行くのがいいですにゃ
 探検大学ともいわれる京大のヒマラヤ登山隊長もおやりになられた今西錦司先生は医局と関係の深い人で彼女と岐阜だったか部屋に鍵もかからない温泉旅館というよりは民宿でお目に掛かったときの釜で炊いた新米はうまかったですにゃ どこだったか忘れてしまったのが残念ですにゃ
posted by めいちま at 17:02| Comment(0) | 日記

2018年08月21日

8月21日 火曜日

 差し障りがあってはいけないので何科の何先生とは言いませんがにゃ浜松医大のプロフェッサーもわしんちに2度もお電話を掛けて来て下さいましてにゃ 謝辞を申し述べると医者同士困ったときはお互い様と言ってくださいましたのにゃ フツー プロフェッサーはこんなことしてくれませんのにゃ 神ですにゃ
 京に名高い小笠原流の料理人がいるということで信長が呼び寄せた 懐石料理を初めて食う信長は出て来る料理すべて薄味で気に入らない なんだこれは殺せてなことになって慌てた家臣が調理場に走りあーこれこれ上様がご不興じゃなんとか致せと言いにゆく 料理人は呆れて味付けを濃くすると漸くうまいと言うが信長は気にくわない 家来に一晩様子を見て怪しい素振りがあれば殺せと命じる 寝る前に料理人が湯漬けを所望したので家来どもが見ていると箸の先がほとんど濡れていなかったという うどんすきの美々卯も関東と関西では出汁を変えている 関西の味が食いたければ関西の美々卯から取り寄せなければならない
 ガーデンズわず 京都冨美家のざるそば ナッツ フルーツ ドライフルーツ各種 ガソリンわず 「アンタ 宝くじ当たったらポルシェとフェラーリ買うつもりやろ」「わ わかるれしか」「もし買えたとしても乗るときには鍵ないよ」( ̄0 ̄)
posted by めいちま at 00:46| Comment(0) | 日記

2018年08月20日

8月20日 月曜日

 静岡の影山先生のご親切で急転直下 浜松医大の教授から神戸大の教授に話がついて行くことになりました おん礼の言葉もございません
 猫持のデタラメ倶楽部とは言い条 日の丸つけて外国の女買いに行ったバータレ共は擁護できん 国辱ですにゃ 
posted by めいちま at 20:10| Comment(0) | 日記