2018年07月17日

7月17日 火曜日

 朝の4時にうんちがしたくなって上厠するも出ない 猛烈に苦しい 「かーたん ちょっと来てくれれっし」「なんや」「指でほじくってくれれっし」「いやや」 そりゃまそうだろう 看護婦じゃないもんね 3日前に大きいのが出たきりであったが下痢止めに飲んでいた真武湯はよく効く 糞詰まりよりは下痢のほうがいいので中止しよう 急性前立腺炎でしょんべんばちびれなかったときの苦しみの比ではない むかし大きいのが出るときも痛くて苦しかったが今回は糞便栓塞である したくても出ないのである 「かーたん 自分でほじくり出すからネットで肛門科検索しておいてくれれっし」 肛門の周囲を押すとがんのように硬い イチジク浣腸ならあるがこの状態では液が入らないだろうとほじくるとあー気持ち悪い ちょっとずつしか出ないので苦しみは去らない 指が糞まみれになったころボチボチよいかと浣腸してみたら糞の中に差し込む感じでダメだこりゃ オヤジがおかんの糞をほじくり出したことがあったことを思い出して電話したのが4時40分 寝ていて出ず 検索してヒットした肛門科はもちろんやっていない 救急車なんか呼べないよなあ恥ずかしくて 浣腸しながらほじくり出すを繰り返す どこまで続く泥濘ぞ 5時 オヤジから折り返し電話がかかる 「どないしたんや なんぞ食い物がおかしかったんとちゃうか」「いや 術後からずーっと下痢なんで漢方飲んでたからな」 漢方嫌いのオヤジはここぞとばかりに「ほら見てみ 漢方なんかやめてまえ 今から行ったろか」てなこと言ってたら自力で出た 出たけど尻が痛い 手は臭い あちこちに散乱したうんちを掃除しながらおばはんが「おまえと一緒におったら皺寄せばっかりや」と言った ( ̄0 ̄) これ履いときと物置からパンパースを持って来てくれたので履いているなう ここで一句
 午前四時糞詰まりなる夏の医者 猫持
 この一句には上記の事情が糞のごとく詰まっている それをほじくり出すのを行間を読むという 誰にでも出来ることではない
 36969663_1579449215517854_6521267884553928704_n.jpg
 学生のとき白山山頂でジグザグに動く星を見た 50人ぐらいが見た あれはなんだったのだろう ビデオカメラがあったらねえ
 エアコンはまだ買いに行けてないがおばはんがリビングのもぼちぼちダメだから買ってと言う いいとも5万も出せばいいのがあるからお安い御用だ 洗濯機も買って い いいとも必要だからな 冷蔵庫もそろそろあかんねん ( ̄0 ̄) そ そうなのきゃ よしっ 買うなら西瓜が丸ごと入るのがいいな これはまだええわ ホッ 医院を誰かに貸して家賃収入が得られるよーになったら買うだ
 チキンラーメン(壱岐に連れて行った子が出ていた) 不二家ルックチョコレート バヤリース リボンジュース レナウン娘 ロート製薬(音楽ですぐに覚えた) ( 子供の頃観ていたCMで今でも覚えてるのは?の回答 )
 わしはわしのために何かしてくれた人にはおん礼を忘れない フォルクスワーゲン西宮の店長にまつのはこんぶを送ったとは書いた 実はもうひとり送った 店長は花錦戸なんか知らないしすっぽんの出汁で炊いていることも美々卯のうどんすきと金額が変わらないことも知らないから儀礼的なことしか言わないのは仕方ないがもうひとりにはちゃんと教えてある どんぶりめしで3杯茶漬けをお代わりして今夜はお粥さんを作ってもらうのだそうな そんなことを聞くとまた何かしてあげようと思う
 わしがこれまでに付き合った人で多田道太郎先生より頭のよい人はいなかった 先生の会にお友達として呼ばれたことを毎日新聞に書こうとしてぶつ文学と言ったら仏教文学とちゃいまっせと言われた 先生はわしんちの親戚の太宰施門の弟子の桑原武夫の弟子であったがお付き合いさせてもらっていた当時はお互いに知らなかった 先生とふたりで加賀だか芦原温泉に一泊した翌日の朝日新聞に道浦母都子女史がわしの「猫とみれんと」を評していいうたは悉く無視して軽薄でまったくの駄作と書いてくれた 版元の文藝春秋はだから歌人という人種はダメなんだと激怒したが道太郎先生少しも慌てず「書いてくれへんより書いてくれるほうがええで」うんぬん 偉い人は違うのである
 おかんが無理難題を言って別れた女房が子供を連れて実家に帰って暫くしてわしを訴えて来た 最初は復縁希望であったがそれが叶わぬと知ると慰藉料の請求に変わった ある人がわしと結婚しているときに心斎橋で男と腕を組んで歩いていたのを目撃して教えてくれてその男と文通していたらしいと思われたが化粧棚の隠し扉に隠されていてとっとと回収しに来たので証拠ならない 最初は男の弁護士で結論が出なかったが女の弁護士を雇って来た 女は斟酌なんてことはしない 地裁に持ち込むと言い出した わしは嫁姑の板挟みになっていて体力が著しく消耗して死にかけていたからたまらない おばはんの父親はサンドイッチのどちらかを外せと言った 女弁護士に会って復縁する旨を伝え訴えを取り下げてもらったが女房が一軒家を買って別のところで開業しようとかぐや姫みたいなことを言うのでその話はお流れになった あなたには失望したと女弁護士から手紙が来たからたから争えば数百万しか払わなくて済むがかわいそうなのでわしは要求通り慰藉料を1000万払うことにした 親はそんなもん払う必要はない戦えと言ったが殺す気かそもそも女房がこいつらを訴えないのが怪訝である 慰藉料は払うが金ならない バブルの当時なら8000万で売れたのに親の反対で売ることが出来なかったローンが残っているマンションをチャラにしかならない金額で売って金を作って払って女弁護士の機嫌は直った いい齢をした人間がむかしのことを愚痴るのは反吐が出ると馬鹿な女が書いた 同じ目に遭ってみろと言いたい 情緒派Zだからいずれがんになるだろう 少しは人の苦しみを知るがいい
 早朝の糞詰まり騒動で疲れたのかおばはんは寝ている きょうはガーデンズに行かないそうなので出前館でケンタッキーフライドチキンを頼むことにしよう
 お昼寝をしたいときとかめいちまがわしを呼ぶ声は母猫が仔猫を呼ぶ声にそっくりである わしのことを子供と思っているようである だからわしもめいたんかーたんと呼んでいる 猫は愛情の深い生き物で一生涯を通じてその愛は変わらない 人間は見習わなければならない
 梅節先生から薩摩黒豚のしゃぶしゃぶが届きましたにゃ ありがとうございますにゃー\(^O^)/
 鈴木先生のご投稿より拝借 栄養不足だと血中の燐が増加するらしい 透析している人はそれなりに食わねばならないということになる
 おばはんが首にアイスノンを巻きに来てくれただ\(^O^)/
 フォルクスワーゲン西宮の店長よりtelあり マフラーはあかんかったらしい まあええわ そのぶん家電に回すわ
 おばはんが「アンタとめいはどないなっとんねん 親子でなんぼほど尻癖悪いんや おかちゃんずーっとうんこの掃除してるよーな気がするわ」 今はフツーに坐ってやるがむかしは和式が好きで(和式だと痔洋式だと直腸がんになりやすい)洋式の便座に和式座りをして用を足していた マイスリーとアルコールでラリラリになって上厠したら姿勢を保持することが出来ずに落ちそうになったから立て直そうとしたしたところそのまんまめいちまのトイレに尻からハマった たまたま下痢で急には止まりません トイレが糞だらけ 意識がほとんど不明なので覚えていないがおばはんが服を脱がせて洗い寝かせてくれたらしい まだ27歳くらいだったかな ほかにも色々あって改めて書くがおばはんには頭が上がらないのである
posted by めいちま at 06:00| Comment(0) | 日記