2018年07月07日

7月7日 土曜日

 七夕なう
 おばはんが食いたいと言うのですし萬に鮎の段取りお願いしただ 吉兆なら頼まなくてもあるけど高いだにゃ
 きょうは寝不足なのとゴルフRくんに心が行ってしまっているのとでおもろいことが思い浮かばん 美々卯とか吉兆とか行きつけの店には色紙を送ってある 京都の大市だけは礼も言いよらんがあとは電話や手紙をくれて近江長浜の鳥新は行ったら飾ってあった 花錦戸の社長はまつのはこんぶをとん蝶の絹笠の社長はお菓子をくれた
 中華楼 名城食品 わが家の鍋の〆はこれ 香りもすばらしいだよ
 04977890112297.jpg
 にゃん吉にはただでさえ気の利かない情緒派Zのわしが若くて修行も足りなかったので贅沢させてやることが出来なかったがめいちまにはいーっぱい贅沢をさせているだにゃ 神戸吉兆の新宅さん(ご養子で一家を構えた人のこと 料理の世界の隠語か)に鰹節ちょーだいと言ったら1本丸々削って来て昆布までくれた 猫に食わせるのだとは言えなかった すし萬にはうちの猫が食うんやと予め言ってある 誰だったか築地の秋山商店の鰹節がうまいと言うので電話して最高級のを取り寄せたこともある 100グラム3000円ぐらいしたかな 皇室御用達のも取り寄せた 今はなくなったが新潮社の「シンラ」にはめいちまの華麗な食卓の記録が残っている この雑誌にはにゃん吉もカラー写真で載った わし単独なら数え切れないぐらい載った オヤジんちにあるのでそのうち持って来よう
 波多野先生から面白いことをお聞きした 先生は大阪の徳庵育ちでいらっしゃるらしい 徳庵ならわしも2歳の半ばまで住んでいた おかんのふるさとである おかんは楠根小学校を飛び級して大手前高女に行ったがそれはまた別の機会にせむ 徳庵といえば最近店仕舞いしたらしい別品餅である むかし徳庵の患者さんに話をしたら大量に買ってきてくれたのと小さい頃に何度か食った程度であるがもう食えなくなると思えば淋しい 波多野先生はわしより年上らしいので大学の後輩ではあっても社会に出た今は当然こちらが敬語である いくら後輩は可愛いといってもいきなりタメ口で婉曲にそれは違うやろと指摘したら執念深く噛みついてくるサイコパスみたいな奴はレッドカード退場である とゆーか物書きを敵に回すと怖いよ 徳庵は鬼畜米国の無差別爆撃で焼けなかったので曲がりきれないくらい道が狭く車で行く気にはならないが今度波多野先生に付き合っていただいて歩こうかな 先生はわけあって東京にお詳しくしばしばお出かけになられるとかで「猫持先生 今度一緒に東京で一暴れしませんか」てなことを仰せになられる おばはんに殺されまっせと言ったら笑っておられた 坪やん 徹 波多野先生にはそのうちめし食わせーと鵯越の逆落としをかけようかと考えている おばはんがねえ
 640x640_rect_18115208.jpg
 CACCC9CACCDF_800x533.jpg
 Akrapovicは返事待ち Remusは納期が10月 LevallaとArmytrixは車検適合なし まあ待ちましょう
posted by めいちま at 11:26| Comment(0) | 日記