2018年07月19日

7月19日 木曜日

 朝日新聞から人物データベースの書類が届いたなう 律儀にも変更はないかと定期的に送って来る ゴルフRくんは本日スーパーオートバックスの大野山親方がSEVの貼り替え ドラレコとレーダーの取り付け フォルクスワーゲン西宮に本当に立駐に入るかどうかやってもらう予定なり
 あぢいー おばはんがマツモトキヨシで買ってくれた冷却シートをおでこに貼っているなう
 わしを文藝家協会に推薦してくれた井上ひさしさんの手紙はどこ行ったかなあ 煙草でがんになんかなるもんかと言っていたが肺がんになった 情緒派Zは怖い 
 学生時代の夏休み 車で北海道ひとり旅をした 岸壁の母の舞鶴からフェリーに乗る前に港の近くの小さなビジネスホテルのこれまた小さなレストランで海老フライを食ったが海老が巨大で安くてうまかったなあ フェリーに一泊 小樽で一泊 同級生のお父さんに寿司をご馳走になった 日本橋という店で今でも覚えている アテもなく走って飛び込みで層雲峡温泉に一泊 旭川を通りどこをどう走ったか襟裳岬のすぐ近くも通った わしのほかは自衛隊の戦車しか走っていないどこまでも続く1本道 あんなところでネズミ取りやるかねえ 捕まりはしなかったけど北海道のケーサツは暇なのか 最後の青函連絡船に乗り青森で給油したときスタンドのおっさんに「和泉ナンバーってどこだべ」と言われた 秋田の同級生宅で一泊 大阪まで一気に走るつもりであったが浜松で気が変わって同級生に電話して泊めてもらった 車の中ではクィンシージョーンズの「スーパーウーマン」が流れていた
 NHKは大嫌いだが「ラジオ深夜便」も「課外授業ようこそ先輩」も民放では考えられない出演料をくれた そりゃそうだろう 国民から阿漕にも搾り取った金だ 自分たちの懐はこれっぽっちも痛まない ああいうのは打ち合わせが面倒臭い ラジオは楽ちんであったがもみじ饅頭と言ってはいけないとか喧しく言われた 共演者は村松友視さんか兄弟子の安部譲二のどちらかを選んでくれと言うから兄弟子にしたのが間違いであった 飲むと吐き気のするコーヒーを飲んでくれたのでこれ以上は言わない ディレクターの室町澄子女史が大阪まで来たときはポルポルくんに乗せて京都の晦庵河道屋で芳香炉をふたりでつついた 放送当日局の近くでヤクザのおっさんに「ミポリンのコンサートのチケットいらないかい」と言われた 大いに心が動いた 放送終了後は深夜で室町女史が手配してくれていたビジネスホテルまで歩いて送ってくれた テレビのときはうんざりするくらい打ち合わせをさせられた 撮影が始まるとビジネスホテルにスタッフと2泊3日の缶詰 先生は日本の宝ですからと煽ててくれたがそれならもっといいホテルに泊めてくれ めしもぼてぢゅうとかづぼらや 大阪人なら行かないところであるが東京から来たスタッフには珍しいのだろうと付き合った 夜はスナック ズボンのちんちんのところが皺になってこんもりしていたのでスタッフのねーちゃんに「触ってみ ちんちんやで」「違うと思います」「違うかどうか触ってみいや」と言ったら触って上司に怒られていた 小学校の校長が呼ばなくてもいいのにちっともかわいがってくれなかった当時の担任を呼んで不愉快な思いをした 医者としての一コマは坪井先生のところで撮らせてもらった ADのねーちゃんをずーっとおちょくっていて何年か前にディレクターになりましたと手紙が来たから使ってくれと返事したのに音沙汰がない 達者でやっていればそれでいいか
 衛星放送で西ドイツまで行って下宿のばあさんに再会しないかという話もあったがおそらく生きていないだろうということで流れた 男子更年期障害でクローズアップ現代に出てくれという話もあった 関西医大だったか男子更年期障害の専門外来をやっていた先生が実のところボクにも男子更年期障害があるのかどうかわからないと言ったために流れた 男子更年期障害はどうでもよかったが西ドイツには行きたかったなあ 駄菓子菓子 ケチだからエコノミーだったんだろうなあ 若い頃ならともかくエコノミーはつらいからボツになってよかったのかもしれない いつの日かおばはんとファーストクラスでスッチー嬢に無理難題を言いまくりながら行きたいがおばはんに飛行機から放り出されるのに違いない
 全国紙というのは主として東京大阪など大都会を縄張りにしている新聞をいう 全国紙と言い条分担がある 他地域のものは知らないが大阪本社版の配信地域は大阪 兵庫 奈良 和歌山 滋賀 京都 福井 石川 富山 岡山 広島 鳥取 愛媛 徳島 香川 高知 三重県の一部 島根県の一部のみとなっている わしは共同通信に知り合いがいたから地方紙にも配信してくれたが地方は地方紙の牙城で全国紙が寄って集ってもそのシェアは数%というところが多い おいしいのはテレビである
 本家柴藤予約したなう 既に予約で一杯らしいがなんとかしてくれた 贔屓の店はありがたい 逆に言うといつまでも融通の利かない店には行く気がしない 寿司は酢飯だと思っていて押し寿司はいいのだがにぎりの酢飯がうまくないすし萬波沙酢芦屋に通い続けるのは気が利くからである 気が利かなくなったら寿司難民になるがもう行かない 
 ■激辛グルメ祭り2018
開催場所:新宿歌舞伎町特設会場・大久保公園
東京都新宿区歌舞伎町2-43
アクセス:西武新宿線「西武新宿」駅徒歩3分 、JR・小田急線・京王線「新宿」駅徒歩8分
開催日時:2018年8月21日(火)〜9月17日(月・祝)
1st round 8月21日(火)〜8月26日(日) 初出店5店舗 人気店舗4店舗
2nd round 8月28日(火)〜9月2日(日) 初出店3店舗 人気店舗6店舗
3rd round 9月4日(火)〜9月9日(日) 初出店2店舗 人気店舗7店舗
4th round 9月11日(火)〜9月17日(月・祝) 初出店3店舗 人気店舗6店舗
※8月27日、9月3日、9月10日は店舗入れ替えのため休業
※入場無料(飲食は有料)、雨天開催、荒天時中止となる可能性有り
 車庫入れテスト無事完了したとのこと\(^O^)/
 37337311_1414760682001372_6131971065296977920_n.jpg
 37376999_1414760785334695_8113062380260294656_n.jpg
 ゴルフRくん 30馬力アップできるらしいがどうするかにゃん わしらしくないが暫くはノーマルで乗ってみるべ マフラーはアニョ丸がススメるミルテックにいずれ交換するかも
 女優の大原麗子は1万メートル上空でスッチー嬢にちょっと窓を開けてちょうだいと言ったそうである 「ゴールドフィンガー」を見たことがないのだろうか
 竹久夢二のふるさと備前邑久 備中高梁 備中井原 吉備真備のふるさと吉備路の真備など絶好のドライブコースであるが今回の未曾有の大水害で行って金を落としてあげたいがどうなんだろう 
posted by めいちま at 10:04| Comment(0) | 日記

2018年07月18日

7月18日 水曜日

 フォルクスワーゲンのビートルがわが国(先師山本夏彦はこの国と言うなわが国と言えと言った おそらく司馬遼太郎さんに対して言ったのであろう)に上陸したのは昭和28年でわしが生まれた年である 作ったのはドクターフェリーポルシェ 西ドイツで運転したがタコメーターなんかないのにいくら回しても平気ないい車であった ポルシェはヒトラーに最強の戦車を作ってくれと頼まれジーメンスだったかに先を越されたがポルシェを作りレースに出れば必ず勝った ために遠慮してくれとレースに出ることが出来なかった時期がある ワーゲンと共に最高の車である
 スバルは走ってる最中にぶっ壊れるということがわかったので国産で信用出来るとゆーか欲しいのはダイハツの軽だけですにゃ アウディ BMW  メルセデスにはまったく興味なし フランス車イギリス車もいらない マッスルでなくなったアメ車もいらない フェラーリはブレーキパッドの交換だけで200万 本当の金持ちしか乗れない サーブには興味あったけどボルボは123GTにオヤジが乗ってたけど面白くない ボクスターなら車庫には入るけどあの車高の低さと荷物の載らなさは腰の悪いおばはんにはかわいそう ゴルフRしかないですにゃ 納車まであと3日 楽しみ楽しみ
薬を飲むのが苦手である 少量ならどーってことはないが多くなるとなかなか飲み込めない 飲み込まんとしてダメだと仕切り直すこと幾度か知れず その間息が出来ないのでヒジョーに苦しい おかんの遺伝である はてな 一気に飲もうとせずに小分けに飲めばよいのではないか こんなこともわからないなんて(ノД`)
煙草に関して百害あって一利ないのなら売るのをやめてほしい さすればなんやおまえこの前2カートン買おたばっかしやんけというヘビースモーカーのおばはんもやめざるを得なくなり財布にもやさしい 知性派はなんでんかんでん意志が弱い 酒も煙草も金輪際やめられない
わが家は銘々てんでばらばらに寝る ひとりめいちまのみはひねもす寝ている 昨夜 「かーたん 来てくれれっし」「・・・・」「めいたんかーたん 来てくれれっし おとちまと一緒にねんねしてくれれっし」「・・・・」 男はつらいのである
てんでばらばらを漢字で書くと各自ばらばらになる だから銘々てんでばらばらは少しおかしい
西洋人は山があれば越えようとする 越えられなければトンネルを掘ろうとする 日本人はハナからそんなことは考えない 越えずにトンネルも掘らずに生きていこうとする 日本人の考えを見習えば戦争なんか起こらない
恵比寿神社に招待してくれた西宮医師会のS先生が事情の許す範囲で最高のものをと教えてくれた フォルクスワーゲン西宮の店長がGTIもいいですよと言ったとき一瞬心が動いたがゴルフRにしたのはS先生の言葉を思い出したからである
学生時代軽井沢の万平ホテルで檀ふみを見た 女ふたり男ふたりで来ていた 遠目でもかなり背が高く同様に高いにーちゃんがひとりいたので彼女のお目当てだったのであろう テレビのクイズ番組で見て賢そうだと思ったので好きであった 慶應の1年上には中学の同級生がいたので紹介しろと言ったら何人学生がおると思てるんやそれに学部が違えば益々わからないと言われた 後年うっかりヒヨコを踏み潰し寝返りを打って仔猫を圧し潰したと書いていたのを読んで興味を失った
めいちまはいろんなごっこを発明するプロフェッショナルである 最初に編み出したのが引きずり出しごっこ ベッドの枕元の本棚の隙間に潜り込もうとするのをおとちまが阻止して引きずり出そうとする 引きずり出されまいとして足で蹴ったり必死の抵抗をするの繰り返しである 毎晩ふたりでキャッキャッ言って打ち興じていたら焼きもちを焼いたおばはんが本で隙間を埋めてしまった それでもめげずに新しいごっこを発明するがそのたんびにおばはんが妨害をするのである
西宮に引っ越して来てからめいちまが発明したのが電車ごっこ おとちまが段ボールを押してプップー次は芦屋ー芦屋ーと言うとめいちまが乗って来る ガタンゴトンーと押すと進行方向に向きを変え嬉しそうにしている 最初「めいちゃん よかったねー おとちまに遊んでもらっているれしゅか」と言っていたおばはんだが遊ぼうとしたら段ボールがなかったのである
行きは黄色いタクシー帰りは黒いタクシーでガーデンズわず 阪急で巻寿司 新香巻 西瓜のカット 桃 漬物屋のおばちゃんに見つかって「あら毎度 なんか買おて行って」と言われたので逃げて来ただ あちこちに知り合いがいるとヤバイのねんのねん ミャムミャムで丸ごと桃のスイーツを箱に入れてもらい梱包せずにアンリシャルパンティエに持って行ってプディングシューを入れてもらっただ ドンクで西瓜パンをゲットせり 黒いタクシー乗り場でおばちゃんたちと色々お話していただ おばはんがマツモトキヨシに行くと言うのでついていって「かーたん これいりましゅか」「いりません 戻して来なさい」とアンネナプキンを持ってウロチョロしていたら若いねーちゃんに変な目で見られただ(ノД`)
ピンチでなかったときなんかない ( 人生のピンチっていつでした?の回答 )
わしはエンターテイナーなので酒の席での話は抱腹絶倒ですにゃ ただし場所と人を選ぶので誰にでも面白いわけではありませんのにゃ
物真似なら田中角栄 名探偵ポワロ ダースベイダー 医学系の講演の席上で角栄の物真似をしてキレイな司会のねーちゃんを爆笑させましたにゃ ほかはだーれも笑っていなかったので却ってバツが悪かったですにゃ
そうだ「ねこ新聞」の読者をフェイスブックに招待してあげよう あそこには面白い話書けないからね エアコン買って涼しくなったら書くだ
ほとんど町に出ないので世の中どうなっとるのかよくわからないがめし屋のメニューに中国語韓国語を併記するのはやめろ これっぽっちもゴーマンかます必要はないが贔屓の店がそんなことしやがったらおまえとこには二度と来ないと席を立って帰るだ バカヤロ 英語だけでいい
 (;゚〇゚) 本家柴藤予約するの忘れてた あしたしよう オヤジは藤に赤出汁 おばはんは松と肝吸い わしは梅に肝吸い うざくの小がひとつですにゃ
 なんでそんなことを思われたのか阿川弘之先生が犬を食おうと香港に出かけられた いくら探しても羊頭狗肉の店がない 諦めかけていたら壁に赤犬と書いてある店に辿り着いた 意気揚々とあれをくれと言ったらホットドッグが出て来たらしい
posted by めいちま at 04:05| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

7月17日 火曜日

 朝の4時にうんちがしたくなって上厠するも出ない 猛烈に苦しい 「かーたん ちょっと来てくれれっし」「なんや」「指でほじくってくれれっし」「いやや」 そりゃまそうだろう 看護婦じゃないもんね 3日前に大きいのが出たきりであったが下痢止めに飲んでいた真武湯はよく効く 糞詰まりよりは下痢のほうがいいので中止しよう 急性前立腺炎でしょんべんばちびれなかったときの苦しみの比ではない むかし大きいのが出るときも痛くて苦しかったが今回は糞便栓塞である したくても出ないのである 「かーたん 自分でほじくり出すからネットで肛門科検索しておいてくれれっし」 肛門の周囲を押すとがんのように硬い イチジク浣腸ならあるがこの状態では液が入らないだろうとほじくるとあー気持ち悪い ちょっとずつしか出ないので苦しみは去らない 指が糞まみれになったころボチボチよいかと浣腸してみたら糞の中に差し込む感じでダメだこりゃ オヤジがおかんの糞をほじくり出したことがあったことを思い出して電話したのが4時40分 寝ていて出ず 検索してヒットした肛門科はもちろんやっていない 救急車なんか呼べないよなあ恥ずかしくて 浣腸しながらほじくり出すを繰り返す どこまで続く泥濘ぞ 5時 オヤジから折り返し電話がかかる 「どないしたんや なんぞ食い物がおかしかったんとちゃうか」「いや 術後からずーっと下痢なんで漢方飲んでたからな」 漢方嫌いのオヤジはここぞとばかりに「ほら見てみ 漢方なんかやめてまえ 今から行ったろか」てなこと言ってたら自力で出た 出たけど尻が痛い 手は臭い あちこちに散乱したうんちを掃除しながらおばはんが「おまえと一緒におったら皺寄せばっかりや」と言った ( ̄0 ̄) これ履いときと物置からパンパースを持って来てくれたので履いているなう ここで一句
 午前四時糞詰まりなる夏の医者 猫持
 この一句には上記の事情が糞のごとく詰まっている それをほじくり出すのを行間を読むという 誰にでも出来ることではない
 36969663_1579449215517854_6521267884553928704_n.jpg
 学生のとき白山山頂でジグザグに動く星を見た 50人ぐらいが見た あれはなんだったのだろう ビデオカメラがあったらねえ
 エアコンはまだ買いに行けてないがおばはんがリビングのもぼちぼちダメだから買ってと言う いいとも5万も出せばいいのがあるからお安い御用だ 洗濯機も買って い いいとも必要だからな 冷蔵庫もそろそろあかんねん ( ̄0 ̄) そ そうなのきゃ よしっ 買うなら西瓜が丸ごと入るのがいいな これはまだええわ ホッ 医院を誰かに貸して家賃収入が得られるよーになったら買うだ
 チキンラーメン(壱岐に連れて行った子が出ていた) 不二家ルックチョコレート バヤリース リボンジュース レナウン娘 ロート製薬(音楽ですぐに覚えた) ( 子供の頃観ていたCMで今でも覚えてるのは?の回答 )
 わしはわしのために何かしてくれた人にはおん礼を忘れない フォルクスワーゲン西宮の店長にまつのはこんぶを送ったとは書いた 実はもうひとり送った 店長は花錦戸なんか知らないしすっぽんの出汁で炊いていることも美々卯のうどんすきと金額が変わらないことも知らないから儀礼的なことしか言わないのは仕方ないがもうひとりにはちゃんと教えてある どんぶりめしで3杯茶漬けをお代わりして今夜はお粥さんを作ってもらうのだそうな そんなことを聞くとまた何かしてあげようと思う
 わしがこれまでに付き合った人で多田道太郎先生より頭のよい人はいなかった 先生の会にお友達として呼ばれたことを毎日新聞に書こうとしてぶつ文学と言ったら仏教文学とちゃいまっせと言われた 先生はわしんちの親戚の太宰施門の弟子の桑原武夫の弟子であったがお付き合いさせてもらっていた当時はお互いに知らなかった 先生とふたりで加賀だか芦原温泉に一泊した翌日の朝日新聞に道浦母都子女史がわしの「猫とみれんと」を評していいうたは悉く無視して軽薄でまったくの駄作と書いてくれた 版元の文藝春秋はだから歌人という人種はダメなんだと激怒したが道太郎先生少しも慌てず「書いてくれへんより書いてくれるほうがええで」うんぬん 偉い人は違うのである
 おかんが無理難題を言って別れた女房が子供を連れて実家に帰って暫くしてわしを訴えて来た 最初は復縁希望であったがそれが叶わぬと知ると慰藉料の請求に変わった ある人がわしと結婚しているときに心斎橋で男と腕を組んで歩いていたのを目撃して教えてくれてその男と文通していたらしいと思われたが化粧棚の隠し扉に隠されていてとっとと回収しに来たので証拠ならない 最初は男の弁護士で結論が出なかったが女の弁護士を雇って来た 女は斟酌なんてことはしない 地裁に持ち込むと言い出した わしは嫁姑の板挟みになっていて体力が著しく消耗して死にかけていたからたまらない おばはんの父親はサンドイッチのどちらかを外せと言った 女弁護士に会って復縁する旨を伝え訴えを取り下げてもらったが女房が一軒家を買って別のところで開業しようとかぐや姫みたいなことを言うのでその話はお流れになった あなたには失望したと女弁護士から手紙が来たからたから争えば数百万しか払わなくて済むがかわいそうなのでわしは要求通り慰藉料を1000万払うことにした 親はそんなもん払う必要はない戦えと言ったが殺す気かそもそも女房がこいつらを訴えないのが怪訝である 慰藉料は払うが金ならない バブルの当時なら8000万で売れたのに親の反対で売ることが出来なかったローンが残っているマンションをチャラにしかならない金額で売って金を作って払って女弁護士の機嫌は直った いい齢をした人間がむかしのことを愚痴るのは反吐が出ると馬鹿な女が書いた 同じ目に遭ってみろと言いたい 情緒派Zだからいずれがんになるだろう 少しは人の苦しみを知るがいい
 早朝の糞詰まり騒動で疲れたのかおばはんは寝ている きょうはガーデンズに行かないそうなので出前館でケンタッキーフライドチキンを頼むことにしよう
 お昼寝をしたいときとかめいちまがわしを呼ぶ声は母猫が仔猫を呼ぶ声にそっくりである わしのことを子供と思っているようである だからわしもめいたんかーたんと呼んでいる 猫は愛情の深い生き物で一生涯を通じてその愛は変わらない 人間は見習わなければならない
 梅節先生から薩摩黒豚のしゃぶしゃぶが届きましたにゃ ありがとうございますにゃー\(^O^)/
 鈴木先生のご投稿より拝借 栄養不足だと血中の燐が増加するらしい 透析している人はそれなりに食わねばならないということになる
 おばはんが首にアイスノンを巻きに来てくれただ\(^O^)/
 フォルクスワーゲン西宮の店長よりtelあり マフラーはあかんかったらしい まあええわ そのぶん家電に回すわ
 おばはんが「アンタとめいはどないなっとんねん 親子でなんぼほど尻癖悪いんや おかちゃんずーっとうんこの掃除してるよーな気がするわ」 今はフツーに坐ってやるがむかしは和式が好きで(和式だと痔洋式だと直腸がんになりやすい)洋式の便座に和式座りをして用を足していた マイスリーとアルコールでラリラリになって上厠したら姿勢を保持することが出来ずに落ちそうになったから立て直そうとしたしたところそのまんまめいちまのトイレに尻からハマった たまたま下痢で急には止まりません トイレが糞だらけ 意識がほとんど不明なので覚えていないがおばはんが服を脱がせて洗い寝かせてくれたらしい まだ27歳くらいだったかな ほかにも色々あって改めて書くがおばはんには頭が上がらないのである
posted by めいちま at 06:00| Comment(0) | 日記