2018年06月30日

6月30日 土曜日

 おばはん一晩かかって漸くご機嫌直りつつあるなう やれやれ 猫は鎹 時の氏神にゃ 男はつらいのねんのねん
 黄色いタクシーでセブンイレブン往復わず 印鑑証明 ざるそば アイスクリームをゲットせり これで書類はすべて揃ったなう あとはスバルくんの荷物の載せ替えと引き渡しうぃる(これはスーパーオートバックスの大野山親方とフォルクスワーゲン西宮の店長がやってくれるうぃる) マフラーのみ荻野先生が教えてくれたAkrapovicに交換するだ
一晩中おばはんのご機嫌を取っていたので疲れて寝ていたわず 今宵は夏炉冬扇で美々卯の鱧すきうどんうぃる
秋田のT先生 いすずのべレットに乗っていてその色合いから麻酔科の教授くんがうんちんぐペレットと呼んだらあまり冗談は通じない男なので激怒していた 夜中に能登海浜と並行する田圃道をカチ飛ばしていたらカーブを曲がりきれずに田圃に直行 ひっくり返した亀みたいになって本人は無事だったがケーサツに大目玉 お百姓のおっちゃんに平身低頭 後年大阪にあったスポーツカー関西というスポーツカーのオーバーホールを専門にやってくれるところでオーバーホール 今は車庫に飾ってあるらしい
 2DKのボロアパートににゃん吉と暮らしていたとき半同棲のおばはんとポルポルくんで大好きな備中井原 備中高梁 備前邑久あたりをドライブして岡山市内の適当なホテルでめし(和食しか食わない)を食って帰って来たらにゃん吉の様子がおかしい わしの顔を見るなりニャーニャー鳴き始め玄関を入ってすぐの床にうんちが1個転がっている あれ こんなことする子じゃないのになと思いつつ風呂に入って出て来たら蒲団の上でぐったりなってしょんべんばちびり顔をのけぞらせて今にもコトッといきそうになっていた 鈍感な情緒派Zのわしもさすがに戦友の異変に気が付いた 軍律厳しき中なれどこれが見捨てておかりょうか 冬の寒い夜の風呂上がりであったからパッチを履いたまま必死のパッチで医院まで走りステロイドの注射スプレー酸素ボンベを取りに行った 仕事なんかどーでもいい おばはんとふたり寝ずの看病をして3日目の朝ふたりとも疲れ果てて眠りこけていたら枕元でピチャピチャという音がする 飲み食い出来なかったニャン吉が水を飲んでいたのである 新聞に書いたら一読者よりそれは大家がバルサンを焚いたのではないかというお便りが届いた 猫を飼ってはいけないアパートで大目に見てもらっていたことでもあるし助かったので文句は言えなかった 猫ぐらい安心して飼わせてほしい
 猫は必ず飼い主に急を知らせる 腎不全末期であることに気が付かなかったわしににゃん吉は飲みたいんだけど水が飲めないというアピールをした 優秀な獣医さんをまだ知らない頃だったので近所の獣医に往診に来てもらったら点滴パック丸ごと皮下に入れた ちょっと多過ぎはしないかと思って3日目は断った 4日目の夕方おばはんと買い物から帰るとトイレから炬燵に移動中のにゃん吉と遭遇したからいつものように抱き上げたら容態が急変した 俄に呼吸困難の様相を呈しおばはんがアンタ医者やねんからどないかしてあげて早く早くと言うものの風雲急を告げていてステロイドの注射を1本する時間しかなくそんなものではどうにもならないのは明白であった 1度人工呼吸をしたらガバッと起き上がったがそれまでであった わしの腕の中で息絶えた にゃん吉ーと呼んで号泣したが生き返ることはなかった 大量の皮下点滴で肺水腫になったものと思われた
 赤い日が仏陀よ海に落ちましたわたしの猫が今死にました
と毎日新聞に書いたら通勤の電車の中でそれを読んだ弟子のみうらっちは辺りを憚らず泣き崩れた わしは毎日泣き暮らし見かねたおばはんが八方手を尽くして仔猫を探してくれたが見つからずめいちまと遭遇することになるのであるがそれはまた別の話である このときの顛末は小説新潮に「キチや」というタイトルで書き読者の声涙をともに下らしめ「言うてすまんが」に収められている
 ビルマの首相ウーソーは物資も兵もすべて提供するから戦争が終わったら独立させてくれとチャーチルに会いにゆく 人種差別主義者のチャーチルは取り合わない 落胆したウーソーはルーズベルトに直訴しにゆくがチャーチルに輪を掛けた人種差別主義者であったため門前払いを食らわされる 傷心のウーソーが帰国途次ハワイに一泊したのが1941年の12月7日 翌未明轟音で目が覚めたウーソーは信じられない光景を目撃する 日本軍による真珠湾攻撃である 数百年の長きに亘って虐げられて来て手も足も出なかった白人が自分たちと同じ黄色人種の攻撃に逃げ惑っている これだと思ったウーソーはヨーロッパ回りで帰国する途中会って話したいことがあると日本に電報を打つ これがイギリスの防諜網にひっかかってウーソーは身柄を拘束される 本国では国父アウンサンが日本軍の協力を得て独立を勝ち取る 日本が敗戦してビルマを去るとイギリス軍が戻って来てこの日のために生かして来たウーソーの仕業と見せかけてアウンサンを暗殺 その娘のスーチーをイギリスに連れて帰って徹底的に反ビルマ思想を叩き込む 戦後ビルマに送り込まれたスーチー女史は反ビルマの先鋒となった どこかの国と似ていないか
 美々卯の鱧すきうどんわず うーん やっぱりフツーのうどんすきのほうが格段にうまいだね 味だけで言えば河道屋の芳香炉にしといたほうがよかったね パンツ一丁で食ったのに全身汗みずく 夏に鍋なんか食うものではないだね 冷房ギンギンにきかせて食べてね
 為政者の意見を変えさせる方法の一例 先師山本夏彦は自分は右翼であると書いた 辛口のコラムで人気を博しもした 時の政権に喜ばれるのは右翼に決まっている だから小渕恵三は定期的に一席を設け夏彦を招待しその意見を聞いたのである ここまで来ると夏彦が右翼の皮を被った左翼であったとしても為政者はその言に耳を傾ける 夏彦最後の弟子のわしだって筋金入りである わしは専ら人を笑わせることを旨としているが夏彦最後の弟子と聞けば転瞬のうちにそれくらいのことは合点しなければならない
posted by めいちま at 05:56| Comment(0) | 日記

2018年06月29日

6月29日 金曜日

 今までに乗った車(オヤジのものも含む) 日野がノックダウンしたルノー ヒルマン セドリック カルマンギア(フォルクスポルシェ) ボルボ123GT アウディクーペ100 メルセデス450SL ポルシェ928 928S クラウン セルシオ フォードマスタング ポンティアックファイアバード トライアンフスピットファイア MGB ダイハツの軽 コルサターボ プリウス ヴィッツ カローラ ジムニー ポルシェ944ターボS 993カレラ 993ターボS スバルWRXS4 ゴルフR
苦楽園口の大衆食堂大正庵に行って冷やしそば 冷やしうどん 冷やしそうめん食いたいにゃー スバルくんスーパーオートバックスの大野山親方に預けてしまったから行けないにゃ 走ってる最中にコンロッドが折れたりしなきゃねえ ポルポルくんなんかどんだけカチ飛ばしてもインタークーラーのホースが抜けることはあってもエンジンが故障したことなんかただの一度もなかっただよ ドイツ車の信頼感は昔も今も揺るぎがないねえ
近大のS教授のご厚意で関連病院に居候匆々させてもらっていたとき医院から追い出して居候匆々させた張本人のおかんが診てくれとやって来た 帰りの阪神高速のヘアピンでスピンしてケーサツを待とうとしたらはよ帰ろとうるさいので走ったのがよくなかった オイルが漏れていてエンジンパー 電話したとこにおらんかいとケーサツには怒られるわエンジンのオーバーホールでまたぞろ保険屋に1400万出してもらってブラックリスト オヤジに迎えに来させたが美人の女房を奪われたり親のために蒙った損害は金銭に換算したらアメリカなら途方もない額になるだろう 日本でも20億は下るまい ゴルフRなんてささやかなものだよいやほんと
 某タケダ薬品工業株式会社の行動派Pタイプの女たらしのにーちゃん クリスマスイブには必ずホテルを予約してディナーの約束が取れた女性を連れ込むうんぬん 成功率は低くあたしそんなつもりじゃありませんと言われるとそこを何とかと土下座して頼むと言っていた 真似しようと思ったがバレたらおばはんが阿部定に変身するのは必至なので家でおとなしくしているだ
 おばはんは怖いけどめいちまならいくら触ってもぷるぷる言っている 猫はちゃわいいにゃあ
 アイドルには敵わないけどわしだってアロハシャツやら誕生年のワインやら色々もらったにゃ ぜんぶおばはんが¢( ・・)ノ゚ポイするから勿体ないにゃ
 大雨なり フォルクスワーゲン西宮の店長が書類に判子を捺してくれとやって来た おばはんが半裸でおくつろぎちゅうなので部屋に入ってもらうことは出来ないので1階のロビーとは名ばかりのところで捺して来ただ 実印はあとで捺すとして印鑑証明面倒臭いにゃ カード渡して店長に取って来てもらおうかにゃ
 東ヨーロッパの国々は露助を打ち懲らした日本が大好きである きのうのポーランドなんか1点取って勝てば国民に面目を保てるのでそれでじゅうぶん 日本の決勝リーグ進出を妨げる気は更々ない ゆえに2点目は取りに来なかった 日本もその厚意がわかっていて同点にしようとはしなかった 歴史を知らないおばはんには異論があるみたいであるがわしはそう思っている 町でポーランド人を見かけたらケーキでもご馳走してあげるとしよう
 印鑑証明取りに出かけようとしたら「アンタ 何してんのん」「印鑑証明取りに行くのれっし」「もう5時やで」「コンビニは時間関係ないのれっし」「いい加減にしなさいよ 調子乗ってたらあかんよ」「らめれしか」「らめれっし あしたにしなさい」「す すまんかったれっし」 ゴルフRに乗れるかしらん
 立駐なので新しいお車が来てもゆっくり眺めることが出来ない 取説を読みながらの操作確認も出来ない ガーデンズに買い物に行ったときでないとダメ 一軒家ほしいなー 
「和室の電気なんでつけたままなんや」「実印捺そうかと思いまちて」「消せ なんもしてないときは消しとけ」で実印を出してくれない
なんだかおばはんご機嫌斜めだにゃー わしが死んでも困らないことだけのことはしてあると何遍も説明してあるのににゃー コロコロ機嫌が変わるのが知性派の欠点 情緒派は身近な人間のご機嫌ひとつで幸せな日常が崩れ去るのでやめてほしい
 わしは母親が優しくなかったので優しい母親がどういうものなのかわからないが情緒派の男性の理想の女性はその優しい母親みたいな人なんだろうなあ コロコロ機嫌が変わらないのがいいな 何で怒ってるのかわからないのはどうしていいのかわからないだよ
 情緒派Z 言わず聞かず黙ってしてくれる行為を喜ぶ
 むにゃむにゃはしたい盛りのときに美しい女房と引き離されたのでもういいから猫が大好きで一緒に猫吸いが出来てどこでもついてきてくれるかーちゃんと仲良く暮らすのが夢なんだなあとおばはんが理由のわからないマジでご機嫌斜めのときは思うのよ でもっておばはんのご機嫌の変化でわしの言うことや書くことも変化するだにゃ そしたら情緒派Zは蝙蝠みたいな奴だと言われるのにゃ 違うのにゃ むかしは知性派Aのおかんであった 知性派Aだけはもう懲りた
 知性派Aのおかんは仕事も家事もなーんもしないで一日テレビを見てわたしの人生はつまらなかったてなこと言いながらおばはんにめしを作りに来させろ 芦屋から大阪までめしを作りに行くのは大変だけど他人が大変なのはどうでもいい 前の女房のときもこんなことでおかんと喧嘩して家と職場から追い出され開業したものの一文無しになったので辛抱していたがおばはんが「おとちま おかちまもう限界やねん」と言うからおかんに言ったらそのときはいいがあとで猛烈に頭にくるタイプで「そんなん言うんやったら芦屋から今年中に出て行け」と11月の末に電話が掛かって来て大喧嘩 おばはんが新しい住処を探し引っ越しの梱包をひとりでやってくれてカーター大統領みたく一夜にして白髪になった 50にして80までのローンを組んでめいちまを連れて西宮に引っ越し 精も根も尽き果てていたらいつも何もしてくれない行動派Rのオヤジがやって来て「そんなこと言うな芦屋に戻って来い」うんぬん 「そんなこと言うてんのんはそっちやろ もうローン組んだし今更戻られへん」 おばはんは絶対に戻りたくないと言う それでまたぞろ職場から追い出され年齢が年齢だけに田中正造ではないが辛酸また佳境に入る おばはんは親を訴えなさいとカンカン オヤジに言うと「親子やのにそんなやらしいことするなや」でオシマイ それで肉腫になった 一昨年だったかおかんが死んでからオヤジが俄に優しくなって漸く家庭に平和が訪れたがもう65ですにゃ 今までの人生はなんだったんだろう だからわがまま放題で生きてきた情緒派Yなんかにごちゃごちゃ言われると頭にくるのである こーゆーのんが新聞2紙に毎週連載していたときにやって来るから連載の内容に大いに影響を及ぼしたのは言うまでもない
 孔子が其れ恕かと言った思いやりなんてそれ相応の苦労をした人間にしか備わるものか
 テレビの言うことなんかただのひと言も信用するに足らない ビザを発給しユダヤ人を救った杉原千畝ばかりを取り上げるが彼は一介の外交官である ナチスの目を盗んでユダヤ人を助けたオスカー・シンドラーとは少し違う ユダヤ人を引き渡せというナチスの要求を突っぱねたのは東条英機である 東条の罪は戦争に負けたことにある 情緒派Zの昭和天皇は周囲の雰囲気に配慮するあまり言いたいことをなかなか言えないという情緒派Zのよろしくないところをお持ちで戦争反対とハッキリ言うのが遅すぎた それを聞いた知性派Bの東条は慌てて奔走したが軍部を止めることが出来なかった A級戦犯うんぬんはアメリカが勝手に決めたことでわが国にそんなものは存在しないとわしは思っている 三河の三ヶ根山にある殉国七士廟に彼らは祀られていて靖国神社には日本兵の遺骨も位牌も何もない ここから先は書けないが三ヶ根山にゆけばある人々と繋がることが出来る わしは聞いて知ってはいるが繋がってはいないので念のため
 きょうはおばはんのご機嫌がよろしくないのでつまらぬことばかり書いた もっとも表も裏もあるのが人間なんだけどね 新聞連載時は表のしかも差し障りのないことしか書くことが出来なかったのでその反動もある 当時はバツイチのチョンガーで通していたので今ならおばはんネタだけでももっと面白いことが書けるであろう それはFBFのみなしゃんだけのお楽しみ
 桑原武夫さんの「俳句第二芸術論」は小説には個性があって一読誰の作品かわかるが俳句は名前を伏せて列記したらわからないというものであった これを読んで慌てたのが歌人と呼ばれる人たちで俳人たちは騒ぎもしなかった 漱石の吾輩から猫を含む部分はダメだが含まないところからアトランダムに17字抜き出して来ても漱石とわかるかどうかやってみるがいい 比較出来ないものを比較してどーする 句集を読めば自ずと個性はあるものである
posted by めいちま at 01:50| Comment(0) | 日記

2018年06月28日

6月28日 木曜日

 ポルシェセンター西宮のにーちゃんの電話で目が覚めた センターまで来てくれ試乗車もあるということだったので寝ているおばはんに気づかれぬよーに黄色いタクシーでこっそり行って来ただ アイスティーを飲みながら色々シュミレートしてくれたが300万ほど安くはなるけどチビシーものがあるだね 座席に座らせてもらったがおばはんが横で缶コーヒーを飲むのも困難なくらい狭い やっぱりポルシェは走るだけの車だにゃー 993ターボSいくらで売りはったんですかと聞くからさあなプリウスの新車と交換したからわからんと言うと え 今なら2000万はしますようんぬん( ̄0 ̄) 弘明ちゃんが電話して援護射撃してくれていたらしいが彼らは敏感 買う気がないとわかったのか試乗の話はなしになっただ でもって結論 金輪際おばはんの同意が得られない 黙って買えば乗るたびに文句を言われそう オヤジを乗せることが出来ない 独身のときにでも買うべき車ということで残念だがボツ 仕方ないだねー 車を何台も持てる人のためのドライブ専用の車だにゃ
 ポルシェセンター西宮に行ったことは知らないはずのおばはん起きたなう 「アンタ ちょっとこっち来なさい」( ̄0 ̄)「ポルシェはどうやったん?」( ̄0 ̄)「す すまんかったれっし カッコよかったれしが狭くておかちゃんは無理かもれっし ゴルフRにするれっし」「あとでポルシェのほうがよかったって文句言わへんやろな」( ̄0 ̄)「おかちゃんもアンタも腰悪いしアンタのおとちゃんも乗せられへんで」「す すまんれっし」でフォルクスワーゲン西宮の店長に電話したら今からちょっと外出するからあとでお電話しますうんぬん 
 大体うちのおばはんはきのうドイツが負けてからご機嫌斜めだったのよね 選りに選って負けた相手が最高によくなかった ほんでもって「おかちまはこうやって見るとムチムチれしゅが服着ると着痩せするれしゅねー」とご機嫌を取ったらニヤーと笑って喜んでいただ カマキリの雌みたくご機嫌がいいときでないと凶暴なのでここぞとばかり太ももみょモミモミさせてもらっただ\(^O^)/ スバルに電話して預けていたスペアキー諸々返却してもらうように言っただ
 ポルシェは潰れてなくなった豊和自動車で買っていた(993ターボSのみアートスポーツ) 試乗に行くとガラの悪いセールスのおっさんが「ひとりでどこなと好きに走って来てください」「同乗せんでもええんか」「先生の横だけは堪忍してください」 初めて空冷最後の993カレラに乗った印象はオートバイに乗ってるようであった 4輪車の安定感なんか微塵もなかっただね 速攻で買った 
 「アンタ 3台もポルシェ乗ったんやからもうええでしょ 乗ったことない人がどうしても欲しい言うんやったらわかるけど」「す すまんれっし」
 ゴルフRはポルシェチューンだからね
 萩焼に続いて波多野先生からふりかけをいただいたにゃ ありがとうございますにゃー\(^O^)/
 お手紙が面白いのにゃ 西瓜の名産地が近いので送ろうとしたが切るタイミングがなかなか難しそうなのでうんぬん( ̄∇ ̄)
 冷房しているのに汗がダラダラ よく見たら暖房だったにゃ( ̄0 ̄)
 むかしヒルトンプラザに下着の店があってわし好みのブラジャーとパンチュがあったので店員のねーちゃんに「これくれれっし」「あら プレゼントですかー サイズおわかりになられますか」「サイズってあるのきゃ」「AとかBとか」「?」「ナイスバディでいらっしゃいますか」「ナイスバディにゃ 大きいにゃ」「じゃCぐらいでよろしいでしょうか」「Cは大きいのかにゃ おねーさんは何かにゃ」「ま うふふ 大きいですよ」「じゃCにゃ」 持って帰ると「アンタ うちはDやで」 1回も着てもらうことが出来なかっただにゃ
 むかし朝日新聞の人生相談でヒルトンプラザのぬいぐるみの店のことを書いたら大きな猫のぬいぐるみを送って来てくれた
 おばはんのお薬持って行っただけなのに振り向きもせずに「あかんよ」と言われただ(ノД`)
 ずくがあっちで寿司食わせろーと言っているだ(;゚〇゚)
 しょんべんばちびりにトイレに入ったらあっちで「しばくど」と言っているにゃ(;゚〇゚)
 パンツ一丁で日本ポーランド戦を見ながらおばはんの右手を持っておばはんの指でハナクソをほじろうとしたら「何してんのんアンタ やめなさい」と怒られた 次いでトランクスからはみ出していたちんたまを触らせようとしたらバチキ入れられただ( ̄0 ̄)
 大の親日国のポーランドは1点取ってからまったく攻めて来なかっただね(ノД`)
 お車早く来ないかなあ って今日注文したばっかしだた ポルシェなら半年 ワーゲンは2週間というのも嬉しい 色は黒はやめてラピズなんとかブルーにしたにゃ
 「かーたん ボルサリーノのブルーのリボンのお帽子被るから写真撮ってくれれっし」「普段から身形の悪い人がそんなん被っても汚いだけや」(ノД`) いいもんねーだ 徹がくれたギョサン履くもんねー
posted by めいちま at 13:46| Comment(0) | 日記