2016年09月30日

久々の2ショット

 あいつと高麗橋与太呂わず このあとあいつの縄張りのミナミのバーで西瓜ジュースと桃ジュースをご馳走になった 写真撮り忘れた( ̄0 ̄) 与太呂の写真はほぼ割愛せり ここにアップするの面倒なのよね

 IMG_0324.JPG

 IMG_0325.JPG

 IMG_0326.JPG

 IMG_0333.JPG

 IMG_0346.JPG
posted by めいちま at 23:09| Comment(0) | 日記

名人

 人から習おうとするとその人を超えることはできない わしのうたと文章の修行はひたすら読みまくるところから始まった 文章は好きな作家を決めてその人の本をすべて読むことに尽きる ハカキや手紙 日記は書く練習になる
 真似て真似て真似まくって然る後に換骨奪胎する これを名人という
posted by めいちま at 13:49| Comment(0) | 日記

余福

 医者兼作家の知り合いがいると思わぬ福があるかもよ 医者としての知識はもちろんのこととして作家から得られる余福はときにとんでもないことになる いい意味で 津川雅彦はわしのオヤジに借りがある 京都の撮影所で病気になったとき薬を持って行ったのはオヤジである 大昔の話じゃが取りに来るのならわしでも薬を用意して待ってるよ
 山本夏彦が週刊新潮の名物コラムに書いたわしの歌集「雨にぬれても」の紹介と夏彦直々の電話でわしは世に出た これが作家の力
posted by めいちま at 00:00| Comment(0) | 日記